2019年01月07日

雄叫びの上がってしまう幸せ手にする。


生きようとしている頃よりも、
周りから生かされている今の方が
私の命がきらめいてみえる。

「もっとあなたの先を見たい」.
「もっとあなたと先を行きたい」.
「さらに私たちとともに行きませんか?」.


君たちの私を見る目が煌めいていて好きだった。

私は毎日、その目を見ることだけに集中した。

私はただ、その一瞬を生きる。


「あなたはどうして無謀に前に進み、
だれとでも話そうとするのか」

いいや、それは重要じゃない。

「あなたはなぜこんなに
後ろを振り返っても戻ってこれるのか」

違うよ、それは簡単だ。


答えはいつも単純、
見たいもののために毎日を生きるからだ。


予想外のことが起きた時、
あなた達の目は見開く。

枠からはみ出た幸せを感じると、
君たちの目は輝く。

その目が見たいからだ。
それ以外、私にとって対したことがない。

ひたすら毎日、もっと、もっとみたい。
もっと増やせるはず、もっとだ、もっとだ。

あの目が宿る人々の街の隙間を散歩したい。


未来へなにも不安がなく
過去になんの恐れもなく、
予想外を受け入れられる余白を
いつでも手に入れているあの目。

世界がどうであろうと、
予想外のことを受け容れる体軸はこんなものだよと。

少しだけコツを教えているだけなんだ。


でもね、覚えていてほしい。
私みたいなおかしなやつは、世界にけっこういる。

彼らを見つけてあげてくれ。

彼らに同じように声をかけ、
応援してほしいんだ。

みんなの、あなた達の、君たちの応援の声は
少しくらい飲まず食わずでも、
生きられるほど生命力を宿しているから。


頼むよ、見つけてあげてほしい。

応援の声をかけてあげてほしい。


私たちはいつも、
暖かで時々わがままで優しい
周りからの好奇心の炎で生かされている。


私たちの欲が今は必要であるから、私はここにいる。

この欲が必要でなくなった世界に
私たちはいない。

その時は思い出を名残惜しそうにせず、
手放して、新しい次元の果てに行くよ。

また、見つけに行こうと思うんだ。

枠からはみ出して、
目を見開き、
こんな幸せもあるんだと。

思わず雄叫びをあげたくなるような幸せ手にした
そんな顔にできる人々の元に。

posted by さゆり at 14:04 | スピリチュアルの解放

もしもし、迎えはキャンセルできるかな?

出かける前、冷蔵庫を開けると、
パーティーがあるらしく、ご馳走の準備が入っていた。

いつもなら丁寧にお湯から注ぐお茶すら、
すぐに飲めるように
作り置きされたお茶も買ってあるようだ。

珍しいたくさんの来客用の品数の中
私が勧められたのは水で薄まったトマトジュースだった。

私は疑問に感じなら、
濃いジュースを飲みたい欲求を抑えられず
それを飲み干した。

差し出した彼女は遠回しに言った。

これから何か起こる、と。
パーティーの準備はできている、と。

あなたにはこれからすぐ起きる前に
血液が足りないのだ、と。


なぜ、彼女は私が夜明け前に
体の血液を月の星に持ち去られたことを知っていて
心臓の発作を起こしたことを知っているんだろうか。

でも彼女は何も言わずに、
たくさんのご馳走の中、
私の体が一番欲するものを選び出し、
堂々と差し出した。


私は結局、彼女に逆らえないまま、
もう少しで逝けるはずだった天国に
断りの電話を入れる。

「すまない、もう少しだけ迎えを待ってくれ」

次にやることは簡単だ。

太陽の星に血液を焼き尽くされにドアを開ける。

そうして新しい血液を生み出して、真昼の太陽に向かって生きる。

posted by さゆり at 13:15 | 命の解放

2018年12月29日

彼女達の安眠と幸せを願う。


私たちが死ぬのは構わないと
泣いた人がいた。

けれど私たちを独りにしたくないと
名残惜しそうに帰らずいた。

彼女たちを待っている家族のために
私たちは願い事のかけ方を教えた。

「想像を超えた世界で
灰を被っていた私たちが
尊敬され、愛され、大切にされている所を想像してみて。
その力は孤独になりたくてもさせてくれないから」と。

彼女達は予想を超えた世界の中で
私たちを想像することの楽しみを知り
嬉しそうに家族のもとへ帰っていく。

私たちは彼女達の想像をつなぐ星の橋を作り終えた。

私たちは彼女達の思惑通り、
孤独に静かに命をかけて死ぬことはできなかった。

孤独になれないまま、
時々人々に喜びと恥を見せながら、
愛されながら、生きて死んでいく…

posted by さゆり at 06:26 | 命の解放

2018年12月25日

世界に一度、希望を失ったライトワーカーだった人たちへ。


希望・期待・遠い未来に走り続けるほど、
小さな声は拾えない。

あなたが忘れかけた愛の願望、
内側で叫ぶ小さな声が聞こえない。

宇宙の進化を望んだはずなのに
目の前は暗闇。


停滞した宇宙の進化の中で、
どこからか叫び声が聞こえる……


あなたがされたいことは褒められたいこと?
あなたが知りたいことは宇宙の不思議?
あなたがほしいものはお利口な平和?


バカ言わないで、
私を愛するために決まってるじゃない。


あなたは言った、
もっと私を愛したいのだと。

愛するために世界を変えると。
この星を飛び出したじゃない。

あなたがわたしに言ったのよ?
私を愛しているときが、宇宙の至福のときだと。

あなたがわたしに勘違いさせたの。
私に愛されているときが、宇宙が進化して征くと。


わたしはロマンチックのかけらもない
宇宙をひどく罵った愛の叫びをあげている。

なぜ愛したのよ
なぜ離れたのよ。

いっそ宇宙と1つになって
壊れて仕舞えばよかったのに。

あなたは私たちが愛し合うために
この宇宙を進化したいと星を出た。


宇宙の進化なんてわたしは望んでないのに、
あなたが宇宙の進化を望んだ。

もっと、わたしに愛を呟きたいからと。


でも今のあなたには
愛のつぶやきも耳を済まさなければ
聞こえなくなっている。

私の宇宙をひどく罵った
愛の叫びが聞こえなくなっている。

愛を呟けないなら、
呟いた愛が聞こえないなら
なら早く壊れて仕舞えばいい、こんな宇宙。

進化したいのなら、
愛のつぶやきを言えるほどのスピードになるために、
あなたは一度立ち止まらなければ。

立ち止まって、深呼吸して、わたしの叫びを聞くのよ。

宇宙の進化を罵った愛の叫びを。

たった今の愛を感じて。


あなたが未来に絶望するよりも、
あなたが今を愛する熱量に変えて。

いつか迎える未来を変えようとするより
まさに今を変えて。

今をこの瞬間の愛の叫びを聴きながら、
今、変わってしまえ。

もう次はないわ、

わたしは宇宙を壊してでも、
あなたを愛しているんだから。

posted by さゆり at 09:50 | スピリチュアルの解放

2018年12月22日

さあ!フィナーレだ!!

さあ!フィナーレだ!!

頭がおかしいと言われても構わない
我々は地球の戦士だ!

地上の遺伝子を使って
遊び疲れた者達を捕まえたぞ。

アルコン
カバール
ドラゴニア
多次元宇宙人を。

ついでに甘い汁を吸ってたその下僕の人間を。

息を潜めてたあいつらの姿を晒せ!


もう自分を偽るな、
体を隠していたマントを取れ!


大バカ者と罵られ、
ひもじい思いをして人と寄り添い、
精神を病んだ人に殴られて、
我々はここまでやってきた。

我々は恥と痛みを知る者。

宇宙の外側にいるやつらに
アセンションのスイッチを押させない。

息を潜めてたあいつらの姿を晒せ!


寂しく震える女達に熱い火を当てろ!
空腹の男達に黄金の雨を浴びせろ!
薬と神に酔ってる老人に真実の風を当てろ!
幽閉された子供達を地上へ戻すぞ!



4つのエレメント受けた
地上の功労者にすべての愛を降り注げ!
全宇宙の者達よ!

彼らがアセンションのスイッチを
押すことのできる勇者だ!

我々はここから、虹色の階段を作る。

宇宙へ駆け上がり
スイッチまで堂々と走り行くんだ。
勇者達よ!


さあ、勇者の背中を守るぞ!

我々は戦士だ!

名も忘れた古い戦士が目覚めたぞ!

宇宙の階段を堂々と登り切り、
宇宙のすべての愛を受け取るまで。

我々は勇者の背中を守るぞ!

posted by さゆり at 02:08 | 命の解放
666666.jpg
叶えたいヴィジョンを
人工精霊がサポート
ヴィジョンプロデュース