2017年02月05日

愛の結晶

愛を与えようとするとひとが、
愛を受け取っているか見てみよう。

愛を受け取ろうとしているひとが、
愛を与えているか見てみよう。


それだけでいい、それだけで見えてくるんだ。

どちらも愛がないことを。


愛は流れに生まれる。

「愛」正反対は「停滞」だ。


わたしからの見える愛を
少しも受け取ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を与えたがる。

わたしの方へ見える愛を
少しも送ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を求めたがる。


愛は流れの中に生まれる。


愛は何もない空白に流れる
瞬く間に消えて無くなる美しい雪の結晶。

積もって固まれば、結晶は溶けて崩れていく。


私たちは途方もないものを
欲しがっているのかもしれない。

愛を求めたら手にすることができなくて、
愛を与えたら手にすることができないのだから。


愛を与えた時と、受け取った時が、
重なった瞬間に雪の結晶が生まれる。

ふたつが同時に重なった時だけ
生まれる過程の美しさ。


愛を欲しがっては手に入れられない、
愛を与えるだけでは手に入れられない。

何もない無なる心から、
与えて受け取ることが果たされたとき手に入る。


瞬間の輝きを私たちは
いつだって簡単に手に入れて、
簡単に捨てていく。

心に積もった雪の結晶は消えない。
心をおもいだせぬ者たちは愛に飢え、愛に溺れていく。

何気なく
心を思い出し続けようではないか、
愛を純粋に求める人々よ。

少なくとも、私は思い出し続ける先頭に立とう。

posted by さゆり at 16:17 | 命の解放

真実の目は神様になることをやめたときに開かれる。


お金や時間を使うことが

誰かの幸福になるのなら、

わたしはあるだけ与えたのです。


けれど、それは叶いませんでした。



お金をたくさんもらうことが

誰かの幸福になるのなら、

わたしはお金をもらおうと思ったのです。


けれど、それは叶いませんでした。



真実の目を開かせるには、

どちらがいいのか。


どちらも正解ではありませんでした。



真実の目は神様なんか祈っても

手に入らないことを世に伝えたい。


そう決めたとき、

神様に刃向かった女神たちの意識が

わたしに集まりました。



「神様なんかになりたくない。

わたしはあなたになりたい」


人間になりたくて

たまらない女神たちの願いが

わたしの臍の緒に集まりだしました。



未だわたしに正解は

はっきりとわからないけれど、

わたしは人間のままいたいと思います。


女神たちが叫んだ、あの声のように、



「わたしは神になんてなりたくない。

泣いたり笑ったりする好きな人になりたい」


そのとき、

もう少しで完全に閉じかけていた

女神の目が開いてしまったのです。



人間が誰しも

男性と女性のホルモンを持っているように。


当たり前のようにあった

女神の目が開いてしまったのです。


それがわたしのずっと見たかった

たくさんある中のひとつ

何よりも切望していた真実の光景でした。



まだ知らぬ真実を知らない。


わたしは目を開けてしまいました。


開けた場所に立っていた美しいひと。



今もフレイアはわたしにこう残して、

わたしからすこしだけ流し目を送ります。



「美しく残酷で暖かな進化の道へようこそ

神も恐れて幽閉した私の心にようこそ。


どうぞゆっくりいらしてね。

光も闇もないこの世界へようこそ。


あなた達は個性の輝きを実験する原子です。

私たちは個性の輝きを応援する分子です。


私とあなた、

ふたつ個性が揃うことを最も神は恐れた。


焦らなくていい、

互いの本音をいつだって

思い出せるだけでいい。


祈りなどいらない、供物などいらない、

儀式などいらない、役目などいらない、

愛などいらない、求めるのは真実だけ。


わたしとあなたを幽閉した扉を壊す。

今の真実を破壊させる答えです」



答えを求める先に見えたのは、

誰よりも人間離れした

なによりも人間らしいひとだった。


私は高い次元のひとを心から排除して、

全ての次元に共感できる

次元無き人を暖かく心に迎え入れた。



一番見たかった答えは、

高い主張も愛も正義もない世界にある。


この世界には

当たり前の真実はすぐにやってくる。



人間が一番に求めている愛は

真実が瞳に写り巡り出す過程に生まれます。



私は目を、開けた。


愛が溢れ混んできた時がチャンスだ、

真実の中の一つを見ている証。


この過程を経て、

次元無き者で空白を選んだ私たちは

様々な色に輝き個を放つ。



そして、全ては

予期せぬ充足感を得られる

未知なる幸せを手にいれる。



「神様になんて忠を尽くすあなたより

優しい友達のために忠を尽くす

あなたを守りたい」


誰かは笑った。



ああ、幸せだなあと言いながら。



すると、するすると、すんなり

わたしの願いは叶った。


私は幸せを目の前に微笑む今を手に入れた。


posted by さゆり at 15:13 | スピリチュアルの解放

2017年01月23日

嫌いはさらっと認める

嫌いは特別大声で言わなくていいよ。


さらって言ってしまうくらいでいいし、

ユーモアを混ぜて楽し見ながらいうもの。


でもね、

自分の嫌いを認められないやつが

好きをわたしに語れると思うなよ。


愛を語れると思うなよ。


理屈ばっかり説明で

わたしを嫌いになるよりも、

純粋にここの部分が嫌だと。


認める自分の勇気がないくせに、

わたしに好きなものを押し付けるなよ。


もし、それを認めることを乗り越えたら

わたしは君という人と愛し合おう。

posted by さゆり at 14:09 | 命の解放

2017年01月22日

真実の眠りと目覚め。


目覚めるために準備はいらない。

気づきもいらない。


じゃあ、何が必要かって?

やさしい朝の目覚めを全身で感じる余裕を思い出すこと。


知らなかったことを無理して気付こうとしなくていい。

知りたいことを必死で探さなくていい。


もうすでに知ってたはずなんだ。

やさしい朝の目覚めを。


宇宙にどこにも感じたことがない地球らしい眠りと目覚めを。

たった数回だったけれど、思い出せるはずなんだ。


ああ、朝ごはんのいい匂いがする。

お日様の布団の匂いがする。


この宇宙にみんなが知りたがってる
地球らしい目覚めを

もう知ってる。
posted by さゆり at 01:13 | 日記

2016年11月24日

優しく残酷な真実を伝えてくれる人ほど大切に


残酷な真実を告げるあなた。

わたしは知っている、
あなたがわたしの本当の姿を見てくれていることに。

わたしは覚えている、
わたしがあなたに同じようにしてきたことを。

こうして心から穏やかさを感じて笑っているのは、
二つ揃わなくちゃだめだったこと。

ついにわたしは、今、気がついた。

夢の中ではだめ、
この世界であなたと一緒じゃなきゃ。

リアルな世界は良い、
隣で一緒に笑う吐息を混じり合わさなきゃ。

私たちは知っている、
私たち以外に本当の姿で笑いあうことが必要なことを。

私たちはそばにながら、離れていく。
もっといろんな人たちに会いに行きながら。

私たちは近づきながらながら、離れていく。
どんどん近くに寄って、行動距離を広げながら。

こうして世界に笑う声を合わせていく。
posted by さゆり at 23:30 | 命の解放