2019年06月12日

華開く女神の勝利。

あなたの隣にいたのなら、
わたくしは誇りを
素直な美しさに変えられた。

わたくしの隣にいたのなら、
あなたは後ろ飾りを
気高きティエラに変えられた。


あなたはまだ、
世界に飛び出したくないと
心静かに嘆いて叫んでいるけれど。

わたくしはまだ、
世界に飛び出す瞬間まで
心熱く響かせ叫んでいる。


あなたは誇りを手放す恐れがない。
故郷の種を捨てる執着がない。

見知らぬものへの好奇心だけで
己を永続する好奇な存在。


栄光も勝利も光も
手にすることが怖いと言うけれど
あなたにはいつも集まる気高き気配。

歴史ある王冠を捨てなければ、
あなたはこの目を見ない。

高貴なるローブを捨てなければ、
あなたはこの身を抱きしめない。


あなたの周りにはいつも、
本当の気高さを手にしたいと
虚構の世界に疲れた者たちが来る。

あなたが大切に育てた心の熱を
あなたが与えたいと願う前に
奪おうとする者たちすら絶えない。

わたくしはあなたの心を奪わせない。
心を奪うのはわたくし。

素直な眼差しも、
実直な声も、
無階級の喜びも。

あなたにいつか奪ってくださいと、
微笑んで願われることこそ、
わたくしの勝利。

勝利を手にした時、
わたくしはより美しく華開く。

心を奪う行為が尊いのではない、
きっと心など奪いはしない。

奪ってくれても構わないと想われてこそ
わたくしの存在が華開く。


あなたの愛に追いつけない。
あなたの眼差しに追いつけない。

けれど、
あなたはわたくしの心を奪わない。

予想を超える存在を育てる、
命をかける。

IMG_0397.JPG

わたくしが?
ココロ奪われそうになるだけで?
愛を育てられているだけで満足すると?


まさか。
このままでいいはずなど無い。

もはや宇宙の平和など、
既に星の進化など、
知ったことでは無いのだ。

わたくしこそが、
勝利を感じたいのだから。

動き出す、
走り出す、
心掛けて。

あなたの心包む理由は十分出揃った。

会いに行くぞ、あなたに。

今度こそ、華開くのだから。


posted by ユーリー at 01:07 | 命の解放

2019年06月11日

だれも知らない光を作って解放したい人へ。

魂の呪縛を解き放つことが、
全てを解決する最も相応しい
解決手段と取る人がいる。

しかし、皆々さまは戸惑うのだ。
たくさんの情報に溺れてしまうのだ。

なぜなら、
情報から得たエネルギーの海に
溺れている方が楽だからだ。

息も整えない環境に自ら身を置くのだ。

なぜなら、
呼吸が苦しい間は
まぶたを閉じていていいからだ。

息を吸うことだけに
集中して考えていたらいのだ。

IMG_0381.JPG

自らが解き放った虹色の光が、
あなたの美しい魂をかたどる
プリズムに映し出される。

その瞬間、あなたは何を想うのか。

何を感じるのか。何を思い出すのか。

たった1つの光を
虹色に変換するために生まれた魂は、
いつのまにか多くの光の色を宿す。

あなたは受け取るだけではなく、
自ら作り上げたオリジナル色強い光を
解き放ちたいと望む。

たくさんの光を受けて
何色を解き放ちたいかは重要ではなく、
何色を楽しみたいかを選ぶ
癖をつけることをお勧する。

光は自然とあなたが
受け取りやすい形になって返ってくる。

色は知らずに好奇心を掻き立てる
見知らぬ色になって返ってくる。

IMG_0378.JPG

posted by ユーリー at 02:45 | スピリチュアルの解放

2019年06月06日

トワイライトの遺伝子が呟き出す。

わたしは宇宙の人々の忘れた約束を
この星で守り続けている人だった。

愚か者と宇宙でひっそり
思われていることも知らずに。

世間知らずと地底でこっそり
噂していることも知らずに。


全てを知ったのに、
約束を手放せない光の戦士たちだっていた。

彼らは夢を見る。

むかしに暮らした輝いた文明の中で
遺伝子で作られた階級社会の中で
社交界のデビューをさせてくれる約束を、
ずっと夢見てる。


振り返る文明は
既に宇宙ほとんどの反面教師。

愚か者と、世間知らずと、
呼ばれていることも知らずに。

もしかしたら、
わかっているけれど、
認めたくないかもしれない。

だから、
現在に向かって
叫ぶのかもしれない。

光こそ正義、闇こそ悪、
歪みの元凶は全て2つの争いなのだと。


彼ら、もう逃げ道は塞がれたよ。

全ての元凶なんてないんだ。

たまたま時空に歪みが起きて、
たまたま文明が歪みを利用して、
必然として争いができた。

争いに疲れたものたちが
闘いを終わらせようと呟き続ける。

光こそ正義といったのは誰?
闇こそ絶対と初めたのは誰?

それは光でも闇でもない、
私たちの遺伝子とつながる
遠い祖先。

トワイライトの遺伝子が、
剣骨のすき間から
真実を告げる。

IMG_0299.JPG

宇宙全ての歪みを
どうやってこの身に宿し、
どこに進化するってだけだよ。と。

posted by ユーリー at 21:28 | スピリチュアルの解放

2019年05月30日

ふたりの2つの瞳が掛け合った時。


「美しさについて詩を学びたいと言ったけれど!?」

「あなたの王宮の男女の戯れた絵画はこの家よりも大きかったでしょう!?」

「廊下を歩くたびに見てはいたけれど、読みづらい」

「愛の詩の挿絵くらい、向き合って見てくださいよ」

「大きい絵画は客観的に官能を観れるから」

「小さな愛は主観的で恥ずかしいわけですか」

「毎日普通に見ていたはずなのに…解せぬ」

「毎日平気な顔で見てたのに、不思議ですね」

IMG_0301.JPG

「ところで、あなたは後ろに飾っていた誇りを前に出すようだけれども?」

「慣れないことしたせいか、体の先から血が吹き出しそうです」

「今は誇りを前に出すべきだと申し上げた。どうして、わたくしの意見を聞いてくれたの?」

「私を大切に愛して信じてくれたから」


「あなたとは密度が違う。わたくしは外面の拡大と美しさを極めた」

「私たちは大きさが違う。私は内面の強化と好奇心を増して生きました」


「ついていくのが精一杯」

「まだついてきますか?」

「もちろん。足元がおぼつかなくなっても、ついていく」

「なら。魂がちぎれるまで、あなたに愛を体現します」

IMG_0298.JPG

「愛してると言えばいいのでは?」

「あなたを大切にする人たちから、愛を伝え易くなるよう応援することが、私の愛の体現です」

「ありがとう。わたくしは美しく器を広げよう。手伝うぞ」

「嬉しいな。私とあなた、4つの瞳で見えるこれからが楽しみです」

「わたくしの大きな器に、あなたが育てた好奇心が満たす」

「私の膨大な好奇心を、あなたの作った大きな器に満します」


「あなたが瞳を閉じたら、抱きしめるぞ」

「おや、珍しい。愛の詩に書いてありました?」

「バレたか。もっと愛を読んで鍛錬するぞ」

「あなたのそばにいれば、好奇心が切れることはなさそうです」

IMG_0303.JPG

posted by ユーリー at 02:47 | 誇り高く美しい瞳

2019年05月26日

何も知らない自分だけが成せる術


光でも闇にも
同じ色に染まり続けることに飽きた
好奇心強く生きるものたちよ。

私たちは決断しました。
私たちは宣言しました。

私たちが担いました。
私たちは身勝手になりました。


この地上でできる限り
誠実になろうとするみなさんに、
ご迷惑かけることがないでしょう。

地球にはいない待機者たちに、
解放まで待つ者たちに
宇宙で誰にも敵わない
人類の想像力を向けるのですから。


何もできないと考えをストップさせて
絶望したふりをした彼らの心へ。

もうやめてと叫んでも、
いつまでも揺らしてあげるよと、
にっこり笑う。

このままの魂で、
このままの肉体で、
このまま自由に変わり続けよう。

決められた未来にしか生きられない
想像力を止めた宇宙の人々へ。

『何も知らない自分』を受け入れるまで。

光側も闇側も受け入れるのを拒むのなら、
エネルギーの身体が
擦れて粉々になるまで続けよう。

IMG_0255.JPG

大丈夫、宇宙の皆さん。

怖くはないよ、
拒んだら個性なき光の粒に戻るだけ。

楽しいよ、
受け入れたら虹色の想像力を手にできる。

posted by ユーリー at 20:02 | スピリチュアルの解放