2019年04月30日

最期に月は笑って紅茶を飲み干した。


「あなた、近頃、わたくしのこと見ていないでしょう?」

何を仰いますか。

昨日だって素敵なワッペンのついたシャツを似合っていますと誉めたではありませんか。まだ、私から賞賛の目を向けられたという思い出の証が欲しいのか、私にはさっぱりわかりませんよ。

こんなこと言ったら、あの鋭く美しい瞳に殺されそうですね。最近手に入れた、鉄のカップを磨いたふりでもしていましょう。


「あなたは最近、先光を貫くような言葉を言ってくれないわよね?」

嘘おっしゃいな。

真っ直ぐな言葉ほどあなたは耳を閉じてしまうではありませんか。誰ですか、わざわざ聞き入れてくれない言葉に時間と心を割くような気迷い人は。あんな酷い配役は担いませんよ。

こんな考えもしも知れたら、いつしか夜の獣すら逃げ出した叫び声で威圧されてしまうでしょうから。黙々と次のカップも磨いてきましょう。


「どうすれば、あなたの磨いたカップでお茶を飲めるの?」

馬鹿を言うんじゃない。

あなたはもっと美しい銀食器で紅茶を飲み干していればいい。好き好んでススだらけの鉄のカップなんて口にしなくていい。飲んだところで、せいぜい鉄錆だらけのお茶を飲んでお腹を壊すだけ。

命懸けでこんなお茶を呑むあなたを、何が楽しくて見ていなきゃいけないのか。この思いが知られる前に、この場から退散を…


「このカップでお茶を飲めばあなたは振り向いてくれるのだろうか?」

「カップから手を離すんだ!!壊れたいのか!」

わたし用に入れた紅茶カップを、彼女の手から勢いよく取りあげた。

濾過の水に慣れた王族連中が、飲み慣れて良いものじゃ無い。いつもあなたには何倍もこして、何回も沸騰させて、安全な陶器のカップでテーブルに置いているのだ。

あなたを励ます言葉も、あなたを賞賛する声も、あなたの美しい瞳もすら、私は受け取ったそのまま表現も体現していない。

いまのあなたが壊れないのは、壊れない程度に浄化して、全てを差し出しているからだ。


「最もわたくしの欲するものが、このお茶にはある気がする」

「種明かしをしよう。まだ、あなたは獣となる自分を鏡ですら直視できてない」

「あなたの瞳に映る獣の自分なら、良いということ?」

「そうだ。私は強制浄化能力がある。あなたは私の瞳を通さないと、まだ獣の自分を受け入れることはできないんだよ」

「無意識に、己に宿る獣の血眼を避けていたということ、か」

「いいかい、よく聞いて。 見つめ合わずとも、語り合ずとも、私達は十分繋がっている」

「あなたと同じものが見たい、同じものを飲み干したい、同じ紅茶を注ぎたい」

「どうしたんだい、急に。私の瞳にあなたが映るだけで、あなたは美しくなれるのでしょう?」


いいえと首を振ると、彼女は震える手で濾過していない熱い紅茶を、自らの手のひらに掬って飲んで見せた。

大胆不敵、なのに鳥のように口をすぼめて飲む仕草は丁寧で繊細。

私は新しい美しさに思わず目を奪われて、その場で固まって彼女を制止することはできなかった。


彼女の震えはガクガクと大きくなり、その場に崩れた。だから言ったのに、言霊が喉元まで出かけた。

「だから言ったのにと、思ったの?」


その通りだ大バカ者と言いそうになったけど、ようやく前足が動いてくれて彼女の元に駆け寄れた。

「大バカ者だとあなたの瞳が言っていた」


どうしてわかるんだろうと聴きたくなったけど、近場から冷たい水を汲んで、少し火傷した手のひらに当ててあげた。

「なぜ、わかるのかと?それは、同じお茶の熱さを感じたからだ。あなたを解るのが、こんなに嬉しいのかと自分でも驚いている」


地面にうな垂れて這い蹲りそうな勢いの頭を謙虚に下げる王宮の誇り高いアイドル。

「すまなかった、あなたばかりにわたくしを知ってもらおうとして。わたくしからあなたを知ろうとしなかった。すまなかった、すまなかった」


私は随分過小評価していたようだ。

王族だって知らない世界を肌で感じたいはず。そして好奇心のために体だって張って行けるはず。

彼女の勇気と謙虚さに敬意を称して、私はついに言いたくなかった言葉で宣言した。


「一緒に濁ったお茶を飲み、あなたが倒れたのなら、私は最後そのときまで瞳から離さない。あなたが己の怖い姿を受け入れようとできたのなら、あなたが苦しむ姿も私の瞳に受け入れよう」

ようやく、彼女は謝罪をやめて、ありがとうと一言いい残すとその場に崩れた。


さぁて、命の危険はないものの、私の仕事は増えたわけで。

お茶の溢れた床をふき取ったり、お茶で濡れたドレスを着せ変えさせたり、重たくて愛おしい面白い彼女をソファまで運ばないと。

新月の月夜は笑っているだろうか、こんなおかしなお茶会を。

posted by ユーリー at 22:58 | 誇り高く美しい瞳

2019年04月28日

真に誰かを浄化する時、周りにいる取り巻き人から癒すのだ。

少しだけ昔の話、私は誇り高い人が大好きだったんだ。

よく王族には会いに行ったよ、気高く雄々しく、美しかったからね。


ある日、私に興味を示す王子がいた。

異質なカリスマ性を持ち、一度夢中にさせると骨の髄までメロメロになる誘惑の歌がうたえる不思議な王子だった。

しかし彼は孤独を嘆き、己の身体に流れる血を浄化したいと私に知恵を求めた。


実は彼のカリスマは、私にはあまり効かなかった。けど、あまりにしつこいので、私はしかたなく浄化を勤しんだんだ。

が、いくら浄化しても彼の血は癒えなかった。ついに私は骨の髄まで力を使い果たしてしまった。

彼から逃げ惑い、恐れを抱き、こうして誇り高い人に出会って追いかけられても、逃げ道を作りながら少しづつ前に進んでいるのはね、血の浄化が成功したからなんだよ。


どつやったかって?

簡単さ。

王子自身ではなく、
彼の歌に依存した取り巻きの人々を浄化した。


そもそも、あの王族たちはどうやってカリスマを得たと思う?ヴァンパイヤの血を分けて貰っていたんだよ。

どこから手に入れたかわからないけど、それは脈々と祖先から王子までつながって行った。

でもね、生まれた時から植え付けられたヴァンパイヤの血は、己を崇拝してくれる人が「君だけ話を愛してる」とつぶやかれる言霊で、他者の血を支配できるんだよ。

王子に宿ったヴァンパイヤの血を浄化させるには、王子が大好きでしかたがない崇拝者の期待の眼差しから切り離すことが第一条件だった。

私が作った逃げ道から王子を逃して二年後、ヴァンパイヤの血をほとんど浄化した王子は話した。「もう心配しないで、僕は大丈夫。カリスマがない僕でも助けてくれる人を見つけたよ」

まるで牙を抜かれた獣のように、可愛い子犬のようで、私はそんな彼の方を好きになった、幸せを願った。

後に残った崇拝者たちは、血から発せられるカリスマ性に飢えて、元の王子に戻してくれと。王子の魂に近しかった私に少しだけしつこくお願いされたけれどね。

私は崇拝者たちを浄化した。きっとあの依存も次の春が過ぎればほとんど溶けていくだろう。



「これが私の誇りが好きで、王族が大嫌いな話の顛末」

「そろそろ教えてくれても良いのではなくて?」

「きっと楽しい気分にはなれないよ」

「それはわたくしが決めること」

「誇りの美しさって、どうしても、
王族という立場が持つことが多いよね」

「そんなことがあっても、まだ誇りを見たかったの?」

「あなたを美しいと語る人々の目が、本当に綺麗だった。
あんな目をたくさん見たのははじめて」

「わたくしの周りの人の目に興味を持ったのね…」

「どうしても、どうしても、好奇心を抑えきれなくて、
瞳の半分、横顔だけでも見たくて、会いに行った」

「なぜそんなに美しさに憧れるの?」

「私は強制浄化能力を持っているけど、
自分にこの能力は使えないんだ。
美しいものを見ると、私の心は浄化され癒さていく」

「なら、もっとわたくしは美しくならないとね。
そのために、あなたと見つめ合うことが必要だ」

「ああ、それが課題だ。
私はまだあなたの瞳をまっすぐ見るのが怖いんだもの」

「こっちを真っ直ぐ見てなんて、もう怒らない。
わたくしの横顔から見慣れはじめましょう」


ありがとうと、私が一言言うと。

彼女は顔を背けて、
目線だけこちらに寄せた。

あなたの素直さが、
わたくしを美しくさせるのだと、
ひとつ涙を落として笑った。

posted by ユーリー at 20:01 | 誇り高く美しい瞳

2019年04月19日

心と体を繋ぐ言霊。


「心と体がバラバラなんだ!」

のたうちまわり、
叫び続けながら
あなたは歌い続けるんだろうか。


「あなたと触れることで自分と繋がれる!」

しなだれて掴まり立って、
這うように壁をつたい、
私の元に君はやってきた。


「あなたに出逢会える瞬間、自分になれる」

なぜ私なのかと問いただしても、
君は狂ったように叫ぶだけで。

たった一瞬の時間だけを求めて
ここにやってくる。


確かに、
私の手に触れる人は、皆が驚く。

自分の手がこんなに冷たかったことを
あなたに触れてわかったんだ。

ああ、私はどこで
こんなに冷え切ってしまったのか。

そんな風に。


私の手は燃えるように熱い、
熱い生命力を求めてやってくる人は
昔も今もこの先も後を絶たない。

でも私にできるのは、
あなたの手が暖かかった時を
思い出すきっかけを作るだけ。


私の声は突き抜くように鋭い、
鋭さに胸を突き刺されようとくる人は
霧を切り抜け心に光を届けたいのだろう。

そう私にできたのは、
濃霧を真っ直ぐ進む光の眩しさを
瞳に加えただけ。

痩せ細っても
声枯らしてもなお、
あなたは自分を取り戻すため、
一瞬を求めて私の元にやってくる。

IMG_9728.JPG

大丈夫、私も馬鹿じゃない。

私の熱すぎる熱を
少しづつ声に分けて人々に伝えているよ。

あなたを大切に愛してくれる
そんな人たちを集めている。

あなたは確実にこれから
的確に自由と愛を得るだろう。


慌てず、焦らず。
今はどうかゆっくりおやすみ。

ゆっくり瞬きをしてみよう。


そんなことまでしても
私たちに会いにきてくれる君たちを
君を大切に愛している。

posted by ユーリー at 12:00 | スピリチュアルの解放

2019年04月17日

夜を抜けたその先で、弱き優しい人が抱きしめた。

この話の続き。

「あなたは誇りが嫌いでしょう?」


なぜバレた、いや、そんなはずはない。

私は過去を何も語っていないし、
この瞳で誇りに敵意を向けたこともない。

月夜の下、彼女がぽそりと呟いた。

「あなたに嫌われたくない」


新しいお茶の葉を手にして浮かれ
満月のお茶会を楽しみに淹れたのに。

お茶を出した途端にこれだもの。
嫌になっちゃう。

彼女の重要な話をするときの
タイミングの悪さだけは
これっぽちも共感できない。

唯一、私が未だに
彼女を嫌いなところのひとつだ。


そもそも、多くの人に好かれる
気品ある誇り高い気高い人。

そりゃあ、負けず嫌いな獣の微笑みに
足の震えてしまいそうに怖くなるけど。

私が同じセリフを言うのは理解できる、
しかしこの弱腰、何があった。


「私は嫌っていませんよ。
不安の原因を教えてください」

彼女は初めて、私から後ずさりした。

初めて、うつむいて。

初めて、涙目でこう言った。



「誇りを捨てたわたくしを見て、
少し嬉しそうにしていたのは、
ちやほやされていたわたくしを見て
いい気味だと思ったから?」


不安のわけがようやくわかった。

誇りを一度捨てた彼女は、
新しい道歩きのなか、
再び築き上げようとしている。

子供の頃から注目を浴びていた彼女の
生まれる前から用意された誇りを捨てて
初めての散歩道。

彼女は怯えていたのだ。


今の彼女は何も怖くない。

私は得意だ。

不安を小さくしてみたり、
不安を温め聖なる思い出にすることが。

突然、背中を抱きしめるなんて
そんな無謀なことはしない。

私は彼女の震える片腕だけ、
そっと抱きしめた。


「あのとき喜んだのは、
王座の誇りを捨てたあなたが
本当に美しかったからだよ」

「今はもう捨てる誇りは何もない」

「誇りがなくてもあなたは美しい。
王宮を飛び出したんだもの。
そんなあなたを美しいと感じる人に
もっとたくさん出会えるよ」

「わかった。
それまで自分自身の選んだ散歩道で
誇りを作り上げていこう。
あなたと目線を通わせ、美しくなろう」

「そうこなくっちゃ。
同じお茶を飲まなくても、
私は嫌われるまであなたの心のそばに居る」


怯えていた獣の目は、
ふわりと花のように笑うと
再びつるぎを鞘から抜き月夜の空にかざす。


「どうだ見たか、今は遠くに暮らす父上よ。
見てくれたか、今も娘の活躍を願う母上よ。

わたくしは私だけで夜の闇に立って居る!」


今まで聞いたこともないくらいの声量で
勇ましく張り上げた宣言。

夜の木陰に隠れ潜む小さい獣たちが
一斉に彼女の周りから姿を消した。


の、だが。

私はなぜが、
砂場の城をうまく作れたと言うような
可愛く胸を張る子供に見えた。


そうだ、私たちはまだ
出会っていないだけなんだ。

誇りなんてものは後ろに勝手についてくる、
前に掲げなくていい。

不安な夜のとき、こうして
少しだけ腕の中で抱きしめあえばいい。

美しさと可愛らしさを認める
出逢いを待つ人たちと
抱きしめ会えばいい。


満月の夜、夜更かしした私たち。

次の夜明けは、たぶん眠いから。
目覚めのお茶をそれぞれ別々に選ぶんだ。

唯一ひとつだけ
共感できることを喜びながら。

今日はすこし
優しい味のお茶だねと呟き合う。

posted by ユーリー at 20:58 | 誇り高く美しい瞳

2019年04月14日

お茶を嗜む情熱の時間。

この話の続き

「あなたは何を望むの?
同じ闇ばかり切り裂いく毎日で
気が狂いそう」

もううんざりとため息をつき、
お茶を嗜んでいた私に尋ねられる。

あらゆる種類の闇に闘いを
挑み続けた彼女。

突然に私の欲望のリクエストを
聞いてきたのだ。


「願いを言えばあなたは幸せになれるの?」

「もちろん、充実を感じる。ほら早く」


あなたの望みくらい
自分に叶えられないがはずない。

誇り高い人、
言わなくても、顔に出てますよ?

なんてわかっても、
怖い獣の目に睨まれたら
怖いので決して言わないけどね。


「あなたの情熱はどこにあるの?」


私の情熱…

随分前に熱過ぎて自分で粉々に壊した。

結局、
情熱は砕けるだけで消えなかったのだけど。

砕けて細かくなった私の情熱は、
一度、持てる全てを捨てないと入れない
空間に置いてある。

何もない空間に耐えられる者だけが
探しに行ける。


「情熱はない。好奇心しか残されていないんだよ」

「答えになっていない」

「答えたくない」

「なら、わたくしと一緒に情熱を作りましょう」


今、笑った?
見つからないことを喜んでいる?

なんて傲慢で負けず嫌いで
挑発的な微笑み。

気高い人なんだろう、
最高に狂ってると思った。

決して言わないけど。


「今気づいた。
あなたの火傷の跡、
自分の情熱で神経まで焼いてしまったせい。
だからあなたは闘えなかった」


ああ……もう……どうして。

愛の底知れないこんな獣の目に
捕まってしまったんだろう。

自分の好奇心が憎い、
彼女に出会ってしまったら
最期だったんだ。

捨てた情熱なんて探さなくても、
恐ろしい熱の込めた
望みを願いを叶えようと。

体力を持て余した彼女が
面白がり動き出してしまうのだから。

「情熱のありかが教えれば、
あなたもわたくしも面倒ではないけれど?」

不屈にまた、
挑戦的に嫌味なほど美しく笑いかける。


しかし。

情熱のありか言うつもりなんて、
決して言うつもりはない。

言えるはずがないのだ。


私が過去に望みを情熱を注いだ過去を。

全ての王族達の栄光のつるぎと
誇りのローブを落とした人と
対等に愛し合おうとした時間のことなど。

posted by ユーリー at 09:28 | 誇り高く美しい瞳