2019年05月08日

誇りはあっても、高いも低いも気にしない仲間。


「やあ、久しぶり。随分かっこよくなったね」

「ありがとうごさいます。相変わらず、可の人に振り回されているのですか?」

「よしてよ、何も言い返せない」

「僕、気づいたことがあるんです。迷いましたけど、あなたならきっと受け止められると思って言いますね」

「この前、あの子にも同じことを言われたような…」

「可の人は、強きものと勝負したいから、あなたの弱さを受け入れる強さを強化した」

「自分より強いやつと勝負すること以外に、成長することは無理なの?」

「アテナ女神の末裔ですよ、無理では?」

「面倒な血族個性だな…」

「面倒くさいひと、お好きですよね?」

「答えたくないな」

「アテナの末裔は今を変え続けようとする変革意識の高い血。勝負好きなのに勝利に満足しない。挑み続ける自分にしか興味がない」

「今の血は他の種族と少し混じっているけどね」

「自分をそのままを愛することなんてできないのが、アテナの血です」

「変わり続ける自分しか愛せないなんて」

「停滞していても、動き出しても、そのままを愛せるのは、弱さを受け入れた人のみができる愛の表現」

「みんなはできないの?」

「できませんよ。ご自分をなんだと思ってるんですか」

「名前もない村人Aかな?」

「あまり現実見ないと僕も怒りますよ」

「ごめん。でも息するより普通のことだから」

「あなたがいることで、何もしない時や負けた時の自身を、劣等感などを浄化できるから」

「強制浄化能力は珍しいものではないけど」

「弱さを受け入れることに特化したのは少ないです」

「愛の先にある弱さなら、個性になって人々を照らすくらい輝くのだけどね」

「可の人がいつ気づくか、ですね。お気をつけください、あなたはつい出来心で、命をかけがちです」

「わかった。カッコよくなっていく君を見るのを楽しみにしているよ、またね」

「あなたが息するだけで、僕達の『変わりたい衝動』を焚き付けてしまうことに、いつ気づくのか…」


posted by ユーリー at 21:57 | 誇り高く美しい瞳

獣の眼と子狸まん丸おめ目。


こんなはずではなかったと、
あなたの前で何度思ったことか。

まず、
あなたが私に注目することも予想外。

次に、
あなたが私について来たのも予想外。

でも一番予想外なのは、
あなたより私の方が
眼光鋭くなったということ。


あのね、
私はあなたの目をまっすぐ見るために、
この瞳を鋭くすることを覚えたんだよ?

それがどうしたんだい?

あなたの瞳は鋭さを迷った
小狸のような眼差し。

あなたは言った、
この瞳がわたくしの弱さなのだと。

黒目を丸く見開いて、瞬きを幾度かする。

あなたは賢いから
自分からトリックを解説し始めた。


『わたくしが王族の頃、
2つの目を手に入れた。

獣のような気高く鋭い眼光と、
コダヌキのような可愛いまんまる目。

獣の目は気高さを守るために、
コダヌキの瞳は協力者を募るために。

2つの瞳は、
2つがあってこそ、輝いていられる。』


あなたはこう言った。

コダヌキのような目で
あなたは自分のやりたいことを
協力してくれるものたちを引き寄せていたのに。

しかし、私に出会ったことで、
ダンスと剣の稽古の時にしか見せなかった獣の瞳を、
王座の間で披露してしまったと。


「獣の瞳に焼き殺された人は?」

「一人も。あなた以外、思い切り見つめたことなどない」

「私は焼き尽くしても良かったと?」

「なぜか、あなたなら受け止めてくれると幻想した」

「いつもは獣の目を隠すの?」

「王座に憧れる人々に嫌われたくない」

「馬鹿だな、嫌いになんてならないよ」

「なら、この不安はどこから来るの?」

「人の評価の上で誇りを作って来たからだよ」

「あぁ、それは…言い訳が、できない….」

「評価は誇りと同じ。丁寧に歩いていれば、後ろについて来るものだよ」

「あなたはわたくしが、どう見えているの?」

「嫌われたくなくて、たまらない。誇り強く怖くて臆病な面白い人」

「ありのままのわたくし…あなたの言葉そのもの」


こんなに強くて美しい人なのに、
そのままの自分を認めるのが怖いらしい。

だから私は、彼女にひとつ呟いた。

「とても人間らしくて、素敵だよ」

不敵にふふっと笑うと、
頭を抱えながらあなたは剣を抜く。

「酔狂なモノたちに愛されるのも、面白い」

あなたは自分は面白さを選んだと、
森の奥地まで響く声で、宣言した。

ごめんね、森にいる小ぎつねたち、
悪気はなかったんだよ。

森でこうして叫んで宣言することが
愛するものたちに向けた
唯一の告白みたいなものだから。

少しだけ許してほしい。

あんなに大きな声を張り上げなくても、
みんな好きだよの一言でいいのにね?

しばらく己の愛の誓いを
愛する人たちに叫びつづける様を見ながら
暮れていく日を浴びた。

posted by ユーリー at 18:47 | 誇り高く美しい瞳

弱さを受け止める強さ


私たちの劣等感や罪悪感を利用して
私たちの態度や行動を批判して
焚き付けるのも良いけれど。

今は容赦してないけど、いいの?

利用された分、私たちの心が動いた分、
私たちの応援者から受けたエネルギーごと
全てぶつける。

ぶつけてできた穴から
湧き出る互いの内に秘められた
あらゆる弱さを暴露する。

弱さを向き合うことを避け続けた人たちと、
弱さだけに向き合うことに強くなった私たちは、
共に誘う。

現実で暴露できぬなら、
夢の中まで弱さを追いかけよう。


IMG_9863.JPG


最期まで、
あなたが弱さに向き合うまで、
追いかけよう。


大丈夫、
私たちは慣れている、
手間は取らせない。

弱さを見つめけること、
弱さを見つめること、
弱さを見つめ焼き尽くすこと。

大丈夫、
私たちは慣れている、
手間は取らせない。

私の全ての弱さを受け止める
あなたの全ての弱さを暴露する。


posted by ユーリー at 05:09 | 命の解放