2019年06月12日

華開く女神の勝利。

あなたの隣にいたのなら、
わたくしは誇りを
素直な美しさに変えられた。

わたくしの隣にいたのなら、
あなたは後ろ飾りを
気高きティエラに変えられた。


あなたはまだ、
世界に飛び出したくないと
心静かに嘆いて叫んでいるけれど。

わたくしはまだ、
世界に飛び出す瞬間まで
心熱く響かせ叫んでいる。


あなたは誇りを手放す恐れがない。
故郷の種を捨てる執着がない。

見知らぬものへの好奇心だけで
己を永続する好奇な存在。


栄光も勝利も光も
手にすることが怖いと言うけれど
あなたにはいつも集まる気高き気配。

歴史ある王冠を捨てなければ、
あなたはこの目を見ない。

高貴なるローブを捨てなければ、
あなたはこの身を抱きしめない。


あなたの周りにはいつも、
本当の気高さを手にしたいと
虚構の世界に疲れた者たちが来る。

あなたが大切に育てた心の熱を
あなたが与えたいと願う前に
奪おうとする者たちすら絶えない。

わたくしはあなたの心を奪わせない。
心を奪うのはわたくし。

素直な眼差しも、
実直な声も、
無階級の喜びも。

あなたにいつか奪ってくださいと、
微笑んで願われることこそ、
わたくしの勝利。

勝利を手にした時、
わたくしはより美しく華開く。

心を奪う行為が尊いのではない、
きっと心など奪いはしない。

奪ってくれても構わないと想われてこそ
わたくしの存在が華開く。


あなたの愛に追いつけない。
あなたの眼差しに追いつけない。

けれど、
あなたはわたくしの心を奪わない。

予想を超える存在を育てる、
命をかける。

IMG_0397.JPG

わたくしが?
ココロ奪われそうになるだけで?
愛を育てられているだけで満足すると?


まさか。
このままでいいはずなど無い。

もはや宇宙の平和など、
既に星の進化など、
知ったことでは無いのだ。

わたくしこそが、
勝利を感じたいのだから。

動き出す、
走り出す、
心掛けて。

あなたの心包む理由は十分出揃った。

会いに行くぞ、あなたに。

今度こそ、華開くのだから。


posted by ユーリー at 01:07 | 命の解放