2016年05月01日

「『ヒーリングを大地で培う。』」


なぜ人は育てることを忘れてしまったのか。

人々に思考を忘却させたのは何なのか。

自分らしくあることを
はき違えたのはなぜなのか。


ヒーリングをこの大地で表現するということは、
すべて、アレンジをされているものだった。


この大地に、
そのままの表現で放たれる
自然の力などどこにもない。


風は風のままではない、
山や建物の間をぬって
風力を穏やかにしてく。


水は水のままではない、
火山によって大地が温められ凍らない。


火は火のまま過熱しない。
大地を掘って発生される
酸素によって燃え続ける。


私たちは伝えていく、
力をすべてと調合せよと。


私たちは受け取り続ける、
力のすべてを認めよと。


あと、もう少し。あと、もう少しだ。
人々の思考は動き出される。


地球に注がれていた力のすべてを
アレンジできる。


オリジナルとは、
「たったひとつだけの私だけのアレンジ方法」である。


己のオリジナルを大地に培え。

posted by さゆり at 21:11 | スピリチュアルの解放