2016年05月01日

「また会いに来ればいい」


「また会いに来ればいい」

会う約束をしたら
このギリギリの世界を変えてくれるの?



「会いに行くんだ、会って本音を話せる人に」


それで何が変わるの?


「明日に向かって幸せの種をまける」

明日を感じる心の余白なんてないのに、
あなたは平気な顔して明日の話をするのね。


「蒔いた種が、
どんな花となって咲くか気にならないかい?」


一度だけ、一瞬だけ
明日へ蒔いた種が
どんなうに咲くのか気になった。


それからずっと、
自分が蒔いた幸せの種を思って
明日を考えるようになってしまった。


あなたはずるい人だと思う。


明日なんて知らなくていいけど、

あなたと一緒に蒔いた種が
どんな花を咲かせたのか。


一度だけ見るくらいなら、
バチは当たらないわよね。


会いに行くわよ、約束してみるわ。

本音を語りにあなたに会う約束を。


でも忘れないで。


綺麗で、にこにこした明日なんて
興味がないの。


心にどんな花を咲せるのか
ただ見たいから、
ただ、それだけのために。


それでもいいいな
ら会いに行く約束をしましょう。


気がついたら幸せの花で、
心いっぱいにして満たされても、
心の余白も手に入れても。


あなたの前では
意地を張ってしまうでしょうね。


あなたはずるい人ね、
単純な明日への好奇心を
掻き立てたのだから。


posted by さゆり at 21:19 | スピリチュアルの解放