2017年01月23日

嫌いはさらっと認める

嫌いは特別大声で言わなくていいよ。


さらって言ってしまうくらいでいいし、

ユーモアを混ぜて楽し見ながらいうもの。


でもね、

自分の嫌いを認められないやつが

好きをわたしに語れると思うなよ。


愛を語れると思うなよ。


理屈ばっかり説明で

わたしを嫌いになるよりも、

純粋にここの部分が嫌だと。


認める自分の勇気がないくせに、

わたしに好きなものを押し付けるなよ。


もし、それを認めることを乗り越えたら

わたしは君という人と愛し合おう。

posted by さゆり at 14:09 | 命の解放