2018年04月26日

この肺に愛をいっぱい詰めても、あなたが心触れる瞬間まで息をしよう。


どうしてそんなに、
わたしを愛してしまったのか。

わたしにはさっぱりわからない。


けれど、
あなたがわたしの心をワクワクさせて。

触れさせてあげるのはひどく、楽しい。


これはもうお互い重症なんだと思う。

あなたを通して、
わたしは愛を触れさせてあげる喜びを知る。


あなたの仲間というか、
あなたがわたしの心に触れようと。

いっつも駆け巡るあなたの姿に向けた「応援者」にも
心を触れさせてあげたよ。


でもね、どうやら彼らは
憧れの人と同じものを触っていたから嬉しいみたい。

腰砕けにはならなかったなあ。


そもそもあなたが変わっているんだと
わたしは推測した。


あなたを基準で世に人間が生まれてしまったら、
世界中があっという間に愛で溢れて。

息もできなくなるくらい愛で
埋め尽くされていくだろう。


知ってるかい?

酸素っていうのはね、
二酸化炭素があるから木々によって生成されるんだよ。


濃すぎる酸素は人間には毒だという人もいるけれど。

でもね、君があげた酸素の分
二酸化炭素をわたしが吐き出せば、
木々となる応援者たちは応えてくれる。


もしかしたら・・・

わたしの肺は膨張して
破裂してしまうかもしれない。


けど、そうなってもいいよ。

あなたの愛は面白い。

存分に知り尽くそう、存分に認めあおう。


わたしはわたしの心に今か今かと
触れることにドキドキさせながら。

手を伸ばすこの瞬間である
あなたのことを。

心の底から愛してる。



posted by さゆり at 23:05 | 命の解放
666666.jpg
叶えたいヴィジョンを
人工精霊がサポート
ヴィジョンプロデュース