2019年05月08日

誇りはあっても、高いも低いも気にしない仲間。


「やあ、久しぶり。随分かっこよくなったね」

「ありがとうごさいます。相変わらず、可の人に振り回されているのですか?」

「よしてよ、何も言い返せない」

「僕、気づいたことがあるんです。迷いましたけど、あなたならきっと受け止められると思って言いますね」

「この前、あの子にも同じことを言われたような…」

「可の人は、強きものと勝負したいから、あなたの弱さを受け入れる強さを強化した」

「自分より強いやつと勝負すること以外に、成長することは無理なの?」

「アテナ女神の末裔ですよ、無理では?」

「面倒な血族個性だな…」

「面倒くさいひと、お好きですよね?」

「答えたくないな」

「アテナの末裔は今を変え続けようとする変革意識の高い血。勝負好きなのに勝利に満足しない。挑み続ける自分にしか興味がない」

「今の血は他の種族と少し混じっているけどね」

「自分をそのままを愛することなんてできないのが、アテナの血です」

「変わり続ける自分しか愛せないなんて」

「停滞していても、動き出しても、そのままを愛せるのは、弱さを受け入れた人のみができる愛の表現」

「みんなはできないの?」

「できませんよ。ご自分をなんだと思ってるんですか」

「名前もない村人Aかな?」

「あまり現実見ないと僕も怒りますよ」

「ごめん。でも息するより普通のことだから」

「あなたがいることで、何もしない時や負けた時の自身を、劣等感などを浄化できるから」

「強制浄化能力は珍しいものではないけど」

「弱さを受け入れることに特化したのは少ないです」

「愛の先にある弱さなら、個性になって人々を照らすくらい輝くのだけどね」

「可の人がいつ気づくか、ですね。お気をつけください、あなたはつい出来心で、命をかけがちです」

「わかった。カッコよくなっていく君を見るのを楽しみにしているよ、またね」

「あなたが息するだけで、僕達の『変わりたい衝動』を焚き付けてしまうことに、いつ気づくのか…」


posted by ユーリー at 21:57 | 誇り高く美しい瞳