2020年03月23日

女神の返答。

ねえ、不安なの。手を握っていて。

ほんとはあなたの家へ行きたいわ。

でも今はまだ風が強すぎる。
あたしは平気でも、あなたが吹き飛ばされてしまう。


大きな声で叫んだわ。

あなたがあたしの願いを叫べって言ったのだもの
おかげで風はびゅうびゅう吹き荒れた。

あなたったら風が強いと家から出ないんだもの。
だからあたしから、会いに行かなくちゃ。


ねえ、離れそうよ。強く握っていて。

ほんとはあなたの家へ行きたいわ。

あなたは傍に抱きしめる人がいるのに
あたしの胸は独りキリなんて不自然よ。

一緒にいるのが自然だわ。
だからあたし達は、出会わなくちゃ。

食事やお茶の約束はいらない。
お散歩なんて過程はいらない。


どうしてあたし、神様なんてなったんだろう。

美しければ人が集まり、
気高ければ尊敬されて、
聡明であれば話を聞いてくれると思ってた。

なぜ人が集まってもあたしを見てくれないの?
なぜ尊敬されても崇拝されるだけなの?
どうして、聞くだけで話しかけてくれないの?

あなたは何にもない癖に、独りではない。
やはり不自然よ、あたしたちはより近づくべきだわ。

あたしは確固たる存在であるのに、
あなたはどこまでも中途半端な存在。

800px-René-Antoine_Houasse_-_Story_of_Minerva_-_Minerva_Giving_her_Shield_to_Perseus,_1697.jpg

ねえ、もっと来て。中途半端なあなたが必要なの。

女神の形を作り上げてきたあたしには
あなたのような形が定まらない時間が必要なの。


あなたとあたし、二人が一緒がいいの。

世界の中で不器用を愛せる二人でいられることが、
自然で、自由と呼べるものなのよ。

posted by ユーリー at 06:01 | スピリチュアルの解放