2020年04月23日

剣を持つ女神の詩集

生きる上であなた方は何も知らなくていい。

残酷さを目視しなくてもいい。

ただ、自分の個性を大切にする者を愛すればいい。

けれど、わざわざ暗部を理解したくなるのは、
沢山の情報に裏切られたせい。

生々しさを見るのは、今度こそはと、虚構ではなく、
明晰な現実を体感したいから。


己の祈りの非力さと偉大さの両方を素直にみよ。

本当に癒したいものに影響したか、
自身の心と身体で結果を発見せよ。

誰かの報告のみ結果とする者たちよ。

我々ははっきりと心根深く軽蔑する。

祈ったのなら結果を体験できるまで検証すること。

しないなら祈る前に命の限り日常を愛せ。

e11b0aa14fec65bf032f956c1a1caae4--ceres-goddess-the-goddess.jpg

今は、美しい人にどんなに尊敬を感じても、
己の生命に最大限、自尊心を注ぐ時。

今日だけは、
どんなに気高い勇者の号令を見ても、
心から動かねば従ってはいけない。

無視するな、あなたの感覚を知れ。

今日という日をあなたから始まれ。

せめて今日だけは、次元風に飲まれてはならない。


光が既に在る処に、
宵のランタンに虫がたかるようになるな。

光がない処に光りを創り出せ。

魂に合わない光に無理やり合わせるな。

遠い光を一つ一つ集め、己の生み出した小さな光と化合させよ。

光に飲み込まれるな、創る者になれ。

我々はたとえこの身が消えても創り出す者の側にいる。


詩だけでは、
言葉だけでは、
癒し程度で人は混沌から救えない。

祈りだけでは、
想いだけでは、
情熱程度で人は停滞は抜け出せない。

全ての慣れ親しんだ光を捨て去り、
新しく光を創り出そうとした者が、
復活の光を松明に火を灯す。

生き様こそが権力と支配を燃やし尽くし消滅させる。

trionfodellavirtu1700.jpg

女神たちの叫びは、
決して痛みが起こった思い出を分解して、
どれが痛みの原因かであるかを
理解してほしいと願って唱えたわけではない。

相手を理解したという達成感は
本人の成長には役に立つが、
我々は成長しないし、
我々にエネルギーは注がれない。

我々が叫び求める美しきエクスタシィとは、
たった独りで想うことになっても、
愛してみたいとする者の出逢いだ。

垣根を乗り越えなければならない。
愛したい者に出逢いに行くために。

我々の鋭い気高き剣は、
垣根を橋渡しする者達を救い、
共に自由に大空を飛ぶ者のためにある。

posted by ユーリー at 02:45 | スピリチュアルの解放