2020年10月17日

女神の愛を受け取る前に、見つめる真実。

「見えているものすべてが真実ではない」

よく言うけれど、あれって真実と向き合えない嫉妬の声よね。
見えているものが全てよ、感じることがすべて。

自分に否定するくらいなら、
否定する自分を受け入れるくらいしてほしいわね。

ああ、自分は生きるために仕方なく、
真実ではない嘘を受け入れたふりをするのだと。

これくらいの強さがあってほしいものよね。


私の愛が見えたなんて、勘違いよ。

瞳に映っただけで満足してない?

脳裏に過った姿まで視えているの?

眼だけなのかしら。
瞳だけかしら。
脳にまで達した感受性の目が真実を映し出すのに。

私は見るわよ、
あなたという人を脳裏に焼き付くまで。

深く愛を見通すわ。

でも、あなたが脳天を直撃するような
真実と向き合う情報に耐えられるかどうか。

脳を貫き、心臓を焼き尽くし、
あなたという意識が私に「愛してる」と返せるまで、
私は動き出せないでいる。

愛している人を傷つけたくないから。

そうね、私の愛を受け取る前に、
せめて真実と向き合ってもらいましょう。


あなたはこれから起こる
世界の真実と向き合っていられる?

まずは世界と向き合わないと、
好きな女の子だけ見ていてもだめだわ。

だからあなたに言っておくわ。

これから起こるすべてを否定したくなるような
世界の真実を前にして。

e699ba5b8838787d8769e03c02396213.jpg

「まっすぐと見据えて、見えてくるものが、全て真実よ」


そうしたら、私はあなたに愛を見せてあげる。

私の愛であなたが壊れないことを確認したその時、
私たちの愛は共鳴して世界を轟く。

大気の流れを変えて、星を変革させていくのよ。

どうせ愛し合うなら
愛し合うにふさわしい世界くらいにしてみましょうよ。

いっそのこと、
大勢の人々が愛し合う世界に変えてみましょう。

posted by ユーリー at 05:40 | 命の解放