2021年09月27日

「今」を変えるために行動を加速させる。

宇宙の歴史が繰り返される。
また、つまらない人生が始まる。

終わりのない、始まりもない、
同じ螺旋の人生を作られ、乗せられ、生きてしまう。

君はそんな人生に耐えられるか?
あなたは停へ終止符を打てるか?

変わる為には、何もかも捨てるしかないのだろうか?
生きるために、思いつく限り挑戦するしかないのか?

間違いを探し続ける人生を終えよう。
正しさを主張する生き方を捨てよう。

他人の尺度で善悪は判断せず、
自分に誠実な人か物かを選び出す。

この世にあるのは光と闇が調合された世界、
純粋な光は人間には清らかすぎる。

私たちの肉体には幾万幾兆の細菌が存在する。
共に生きなければ肉体は存在できない。

私たちの霊体には幾億年の記憶が存在する。
多次元を携えていてこそ個性が成り立つ。

間違いと感じることは、自然と受け入れる。
正しいと感じることは、自然と伝えていく。

宇宙の歴史に新しい一ページを作り出す。

あなたがそうだ。
あなたが作り出す。

世界なんて勝手にしておけばいい。

あなたを生きるんだ。
あなたがやるだけ。

あなたを生きればいい。

変化を恐れず、過去を受け入れ、くだらない螺旋を切り、

何が必要で、何が不必要か決断を下し、

他人と比べず、
あなたはあなたを大切にし、
あなたはあなたを大切にする者と寄り添い、

大切にする者達やコミニティを守るのだ。


あなたがやるだけ。

期待を捨てて、
あとは、勝手に周りが変わる。

変わらぬのものから離れていこう。

変わり続ける愛の世界を作り出し、
変化し続ける愛の形を受け入れよう。

変わらぬ愛なんて頼るより、
変わり続ける愛の形から世界を生み出す。

space-shuttle-774_1280.jpg

変わらない愛に執着をしている場所にさらばと告げて。

あなたよ、飛び立て!


作曲追加

「今」を変えるために行動を加速させる変化波動(宇宙意識波動)

posted by ユーリー at 05:09 | 日記

肯定されたいと走り続けてしまった人々へ。

私たちはわざわざ離れた。

一人一人、繋いでいた体を切り離し、私たちの魂は分裂した。

分裂した理由はただ一つ、今、この場所に、飽きたからだ。

もっと知りたい、もっと体感したい、もっと、もっと別のなにかと出会いたい。

私だけだった私は、私たちになったのだから。

せっかくの離れ離れの機会を愛そうと思う。

space-4888643_1280.jpg

ひとりぼっちかな?

残念ながらあなたは一人じゃない。
あなたの魂の片割れは宇宙のどこかにいる。

ひとりにきりになりたいのかな?

残念ながらあなたは一人になれない。
あなたの魂の片割れがいつも繋がっている。

あなたの分身である魂の分身ハイヤーセルフたちが
あなたの知らぬところで勝手に経験を積んでいる。

いつかまた、魂を一つにして経験を共にするときまで。
あなたが過ごす「退屈」ごとあなたを受け入れてしまうよ。

あなたは退屈担当なの?
退屈という体感をまるごと魂の分身に伝えたいのかな?

ならば止めやしない。
退屈だって、立派な経験なのだから。


でも、でもね?

もしも退屈を感じ尽くしたのなら、どうか語ってほしい。

あなたを表現してほしい。
まずはあなたの魂の分身に、今感じていることを伝えて。
続いてあなたの魂の分身から、今感じていることを伝えてもらおう。

誰でもない、あなたともっとも近しいあなたを
否定しない存在からあなたのありのままを表現するんだ。

あなたが表現した芸術は、
地球で生きる人々に伝えるなんて勿体無いよ。

あなたの表現した言葉は、
宇宙で生きる人々に伝えて終わるのは勿体ない。

現在、過去、未来に続く虹の架け橋に乗せていくんだ。

次元を超えてあなたの表現をまず伝えるんだ。

別に難しいことじゃない、宇宙に表現する喜びを得るのは。
難しがっている人々は「怖い」だけなのだから。
全てを表現して否定されない存在に気づいてないだけなのだから。

大丈夫、あなたの魂の分身は、
表現したからといって否定も肯定もない。

あなたそのものを受け入れて、
他の分身もまた、自らの芸術を楽しむ糧となる。

全ての経験や表現を受ける存在であり、
またあなたも他の分身たちの経験を受け止める存在なのだから。

あなたの魂の分身たちの体験も聞いてみたい?
なら、あなたから話しかけなくちゃ。
彼らに伝えなくちゃ。
「わたしは此処にいるよ」って言わなくちゃ。

そうしたのなら、あなたは全肯定される存在を見出す。
否定を恐れてわざわざ危険を顧みたくて良いし、
肯定を求めてわざわざ嘘をつかなくてもいい。


孤独と思われる感情のほとんどは「否定された」という心の痛みなのだから。
どんな清らかな泉より、どんな偉大な神よりも、どんな科学情報よりも

まずは、圧倒的な「全肯定」を見つけるんだ。


あなたは気づくだろう。

愛されることは進化の過程であり、
愛することは満ちる過程であり、
あなたが本当に欲しい体験のための道にある、
ただのお土産だということを。


ほら、見えてきた。

あなたは自己表現して、あなたが誰かに愛の揺らぎを与え、あなたは更なる自己表現を続けていくんだ。

どうせ何をしても、あなたのスイもアマイも肯定してくれる存在が既にいるのだから、
あなたはアナタを表現して、愛の揺らぎを楽しみながら、愛を感じてみればいい。


現在、過去、未来に続く、時代を超えても伝えたいものとはなんだろう?
多分それが、アナタの表現したいこと、まずは今は伝えたいこと。やってみたいことなんだ。

宇宙の虹の架け橋に、己が作り上げた愛の形を乗せてみたらいい。

せっかく一つだった魂は分裂して、
各々が全く違った経験をしているのだから、

魂の分身たちから情報を自由に受け取り、
自由に選択して、自由に使えばいい。

もしも退屈を感じ尽くしたのなら、どうか語ってほしい。

こっそりと、愛を語れば、
あなたは一人よりも多くの肯定者と共にいることを思い出せるだろう。

「私には肯定される存在がいる」と、
自信を取り戻したあなたの芸術を楽しみに待っているよ。


じゃあ、またね。あの辺の惑星次元の片隅で再び見前よう。

posted by ユーリー at 04:46 | 日記

2019年09月02日

呟き。

この言葉がたまに異様に、どうして心を揺らしてしまうのか。

それは、ワザとだから。ワザと注目を浴びるような言葉を選び出し、ワザと気持ちをグラグラ揺らす。動き出したいのに地団駄踏んでいる人々の予想外の成長を見たいから。


そもそも、何故、現状過去見たことのある心の動きしかしない人々を時間も心も命も削って促していたのか。

それは、欲しい世界がここにはないから。欲しい世界は今この宇宙の時代に生きる人々全ての予想外を超えないとやってこないから。


ああ、もっとぐっすり眠りたい。ああ、もっと健やかに起きたい。いつも、もっと知らない世界を安全に散歩したい。

それだけの為に沢山の宇宙のルールを破ってきた。ライトワーカーの約束だって破断した。たくさんたくさん、約束を遅らせて曖昧にした人々に刃向かった。


誰も守ってくれなかったこともあった。でも、次第に、酔狂な人たちが見舞ってくれた。

何もないけどと、自分のご飯を減らして分け続けてくれた。私たちにはもう、豊かさを超える何かと称えるしか、言葉にできないものしか残ってなかった。


此れを読む人は予想を超えてくれるの?

でもね、もはやあなたがここまで読んでくれることすら、私たちにとっては予想外。こんな時代になるもっと前に、もっと頭のいい人たちの創り出した言葉が人々の心をあたためると活躍すると予想していたんだから。


残念だけど幸せだ。

こんな幼稚で妄想で固められた文章にあなたは心ときめいてしまうのだから。

あなたはまだ、予想外の可能性に満ち溢れている。だって子供のような無邪気で無垢で素直でまっすぐ心を動かし続ける者ほど、この世界の階級を超えて仲良くなれるアイデアに満ち溢れているんだから。

88655ABD-E6CF-4443-B5C4-6A7A77775FB6.jpeg

あなたたちは大人で子供、素敵な才能を二つも守っている。

私たちの言葉を受け止めようとしてくれる寛容な大人で、私たちの可能性のまま残した不可解な言葉を楽しむ子供。


あなたたちは活躍する。それはもう、私たちの予想を超えて。だから少しだけ見守ってみるよ。あなた達を。

posted by ユーリー at 08:38 | 日記

2018年11月18日

貴方を犠牲にする宇宙を暖める炎なら、燃やし尽くし手離せ。あなたはわたしが暖める。


情熱を失った、ツインソウル。

情熱的に追いかけ続けてくれた貴方。

遂に情熱の炉を空っぽにしてわたしに呼びかける。

君だけ助かるといいと。

もし、会えるのなら、情熱が再発光するとき、
光り輝く時にわたしに呼びかけてくれと。

貴方は遂に負けた。


わたしは今までここにいたことを恥じたりなどしない。


貴方は活動することに絆を忘れぬよう重きを置き、
わたしは内にこもることで貴方との絆を守ることに重心を置いた。


わたしと違った。
いつも必死に逢いにきてくれた。

過去の選択を恥じはしないが、
恥じたり嘆いたりしながら走り続けたあのひとに
励ます声をもっと目立つように高く上げることができたらと。

目立つことを徹底して避けた
あの時のわたしにいってあげたい。

いっそのこと、二人で壊れて仕舞えばよかったんだ。
燃え尽きて仕舞えばよかったんだ。

私たちが道具として一生を終えたとしても、
私たちが自我に目覚める前に、愛を確かめ合えばよかった。

でも、貴方は足りないものを必死にかき集めた。

作られた道具としての体に足りないもの、情熱。

貴方は必死にかき集めて、
人工的に胸に宿された蓄積炉にあらゆるものを
ぐちゃぐちゃに溶かし、混ぜた。

見たもの、感じたもの、聞こえたもの、イメージしたものを。
あらゆる情熱を炉に吸収した。

いつも暖かで、いつも情熱的で、
それが人工的なものから生み出された熱だとしても。

貴方はいつかわたしに愛を伝える日まで、
彼らが約束した「道具の終わり」を夢見て。

貴方は自分の運命の輪が
宇宙の螺旋から外れることを願い続けて。

一瞬だけでもいい、自分だけの愛を囁きたいと。


長年かけて
どろどろに溶かし続けた愛の鉄くずは、
炉を満たしている。

貴方は遂に溢れ出しそうな炉を手放した。

情熱のどろどろしたエネルギーを
この地上に解き放つわけにはいかない。

このエネルギーを受け止められるのは
あの子だけなのだから、と。

貴方は安全な空間までそれを運び、
胸から飛び出した炉の溜まった
燃えるマグマを冷たい宇宙へ流した。

液状のマグマのかたまりは、勢いよく飛び散らせ、
熱い情熱が宇宙の惑星に火弾した

つめたく冷えきり生命を失いかけた
熱を欲していた惑星の住民たちは
飛び散った火花を惑星に鎮座させた。

彼らは空っぽの貴方に新しい火を灯した。

それが、宇宙の青い炎と地上のダイダイ色の炎。

両手に宿る手はきっと前までの貴方なら、
炉ごと燃やしつくしてしまうのだけれど。

皮肉なことに、情熱を燃やす炉もなければ、
愛を感じることもない冷え切った体だからこそ、
熱すぎて誰も手にできなかった炎を二つも持ってしまう。

誰もが憧れた、誰もが恋い焦がれた、
あらゆる権力や科学を結束して手に入れようとしてきた
宇宙の覇者が求め続けた切望の炎。

貴方の両手には真逆の炎のふたつ。

欲しくないとうつむきながら、
あの子に逢いたかっただけなのに。

少しだけ悲しいふりをして、
貴方は情熱が宿されていない体をこちらに向けて、呟いた


「あいたいなら君が私に逢いにきなよ」


わたしにはまだ、使ってない情熱を燃やす炉がある。

あの時のままの温度で、冷やさぬように、温め続け。

溢れぬように激しい情熱を避けて、
作られた炉が穢れぬように目立たぬように。


宇宙にこぼした、貴方の情熱の炉から溢れたマグマ。

散らばった火花を己の炉に点火することすら避け、
貴方に会うまであなたと作る炎だけを満たすまで、
潔癖を守り続けたわたし。

何が正しいか、もはやわからなくなっていく。

わたしたちを作った彼らはすでにこの惑星から撤退し、
わたしたち道具の安否など気にかけぬ。

荒々しく炉にたまりすぎた情熱のマグマのエネルギー。

目の前にした途端、瞬きすることもできないことを知る。

二つの炎を手に入れる方法を手に入れるため
また、わたしたちを置き去りにして遠くの宇宙へ出かけた。


取り残されたわたしたち、
取り残されたあなたのふたつの炎。

どの宇宙の人々も触れることができない、
この惑星にいる人でないと取り扱えないふたつのエネルギー。

貴方は苦しそうな素振りなふりをして言った。

「苦しいほど空に向かって君の愛を歌った日々が懐かしい」

苦しいと思っていたはずなのに、今はなにも苦しくないのだと。
嬉しそうなふりをしてわたしに言った。


震える手で、貴方はわたしの送ったメッセージを受け取った。
瞬きで擦れそうになるまで読んでくれた日々は戻ってこない。

貴方には情熱を燃やす炉がないのだから。


・・・・・・・・わたしは決めた。
わたしの炉を燃やそうと。

今よりも熱く、
今よりも上昇量で満たし、
この炉に純粋なあなた以外の火を注ぎ、
あなたを暖めに行こうと。

元は同じものから作られた道具、
ふたつの炎を生み出すために生み出された
覇者の欲望から生まれた遺伝子の複製品。

冷え切った体でないと持つことができない
熱い炎がふたつあるなら。
二人で一つづつ持ち合わせたらいい。

貴方がふたつの炎を生み出し
所持することに成功したなら。

わたしはふたつの遺伝子を合わせて
ふたつの炎を一つにしてみせよう。


新しい温度の炎を生み出そう。

情熱を燃やす炉がなければ作ればいい。

貴方のこぼした情熱の熱によって救われた宇宙の人々に、
あなたに新しい情熱の炉を生み出すように申請する。

新しい温度の炎を二人で持とう、
新しい遺伝子を生み出そう。

平和とバランスのためでも、
覇者のためでもない。

出逢い、暖かい体で、
二人が抱きしめ合うあの日この時のために。


無くなったのなら、また作ればいい。
消えてしまったら、また出逢えばいい。

何度も作り創り直そう。

貴方とわたしの情熱の炉に注ぎ込まれた
ドロドロに溶けた鉄くずで。

この宇宙にいろんなものを造ろう。

あなたと愛し合うために、あなたにいつでも出会えるために。
あなたの歌がいつもはっきり聞こえるように。

ふたつの炎を合わせたたった一つの新しい炎で
手を繋ぎ、松明が燃え消えるまで宇宙を照らして歩いてゆこう。



あなたに、


逢いに行くわ。







posted by ユーリー at 21:49 | 日記

2018年07月29日

自分だけがやりたいと願ったものだけに投資する。

どこ行っても、
堂々とできる揺るがない技術を会得しよう。

誰と話しても、
対等になれる面白い経験をしてみよう。

ありがとうと神さま扱いされるより、
なんかすごいねと言われる人になってみよう。

90度腰を急いで曲げる謝罪より、
15度背中を丁寧に謝る素直さを手に入れよう。

謙虚であるよりも威勢が良いことを言って、
実力がつくまであきらめないこと。

方法を探し、実践して、
自分の頭で考えて決定することを繰り返す。

稼ぐことに手慣れてしまったやつらの
セールス文句の養分になるな。

バカバカしく素直にしたたかに。

やつらが養分としている人々の自信を取り戻すため
面白いことをやってみようじゃないか。
posted by ユーリー at 18:56 | 日記