2017年02月05日

愛の結晶

愛を与えようとするとひとが、
愛を受け取っているか見てみよう。

愛を受け取ろうとしているひとが、
愛を与えているか見てみよう。


それだけでいい、それだけで見えてくるんだ。

どちらも愛がないことを。


愛は流れに生まれる。

「愛」正反対は「停滞」だ。


わたしからの見える愛を
少しも受け取ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を与えたがる。

わたしの方へ見える愛を
少しも送ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を求めたがる。


愛は流れの中に生まれる。


愛は何もない空白に流れる
瞬く間に消えて無くなる美しい雪の結晶。

積もって固まれば、結晶は溶けて崩れていく。


私たちは途方もないものを
欲しがっているのかもしれない。

愛を求めたら手にすることができなくて、
愛を与えたら手にすることができないのだから。


愛を与えた時と、受け取った時が、
重なった瞬間に雪の結晶が生まれる。

ふたつが同時に重なった時だけ
生まれる過程の美しさ。


愛を欲しがっては手に入れられない、
愛を与えるだけでは手に入れられない。

何もない無なる心から、
与えて受け取ることが果たされたとき手に入る。


瞬間の輝きを私たちは
いつだって簡単に手に入れて、
簡単に捨てていく。

心に積もった雪の結晶は消えない。
心をおもいだせぬ者たちは愛に飢え、愛に溺れていく。

何気なく
心を思い出し続けようではないか、
愛を純粋に求める人々よ。

少なくとも、私は思い出し続ける先頭に立とう。

posted by さゆり at 16:17 | 命の解放

2017年01月23日

嫌いはさらっと認める

嫌いは特別大声で言わなくていいよ。


さらって言ってしまうくらいでいいし、

ユーモアを混ぜて楽し見ながらいうもの。


でもね、

自分の嫌いを認められないやつが

好きをわたしに語れると思うなよ。


愛を語れると思うなよ。


理屈ばっかり説明で

わたしを嫌いになるよりも、

純粋にここの部分が嫌だと。


認める自分の勇気がないくせに、

わたしに好きなものを押し付けるなよ。


もし、それを認めることを乗り越えたら

わたしは君という人と愛し合おう。

posted by さゆり at 14:09 | 命の解放

2016年11月24日

優しく残酷な真実を伝えてくれる人ほど大切に


残酷な真実を告げるあなた。

わたしは知っている、
あなたがわたしの本当の姿を見てくれていることに。

わたしは覚えている、
わたしがあなたに同じようにしてきたことを。

こうして心から穏やかさを感じて笑っているのは、
二つ揃わなくちゃだめだったこと。

ついにわたしは、今、気がついた。

夢の中ではだめ、
この世界であなたと一緒じゃなきゃ。

リアルな世界は良い、
隣で一緒に笑う吐息を混じり合わさなきゃ。

私たちは知っている、
私たち以外に本当の姿で笑いあうことが必要なことを。

私たちはそばにながら、離れていく。
もっといろんな人たちに会いに行きながら。

私たちは近づきながらながら、離れていく。
どんどん近くに寄って、行動距離を広げながら。

こうして世界に笑う声を合わせていく。
posted by さゆり at 23:30 | 命の解放

2016年08月01日

君の伝説が聞きたいんだ。

まだやってるの?
幸せの形を誰かと比べること。

知ってるつもりなの?
有名人と会っただけで知識人になれたと思ってる。

豊かになったつもりなの?
そんなに孤独なのに。

いい子ちゃんなの?
誰かの代わりに損しているだけなのに。

いつまでしてるの?
たったいま変われないのはあなたのせい、だなんて。

この言葉が胸に響いて、
怖くなったら自分と向き合うことをお勧めするよ。

恐ろしくても簡単だ、向き合うことなんて。

自分に向かって、「行動する」と宣言するだけでいい。

愛するもの嬉しそうな顔のために、飛び出せ。

自分でも、家族でも、対等でない人たちのために。

行動できたら、また聞かせてよ。

あなたの面白くて壮大な伝説を聞きたいな。
posted by さゆり at 16:05 | 命の解放

2016年07月11日

6月のポエム

紫色の夕露が、花を滴り落ちる。

夏の朝顔のつぼみはまだ、
閉じたままだけど。
夏前のアジサイの花は咲き誇る。

夏の朝顔は朝から昼に咲くけれど、
夏前のアジサイは雨が降っても止んでも咲き誇る。

大勢の目が開く時間に開く花は、
だれよりも注目を浴びるだろう。

大勢の目なんて気にせずに開く花は、
だれの目にも止まる花となるだろう。

限定で咲く花はそれは輝かしく光を浴びる。

路地裏のどこでも当たり前に咲く花が、
花が閉じる時間の心を満たす。

あなたはどちらにでもなれるし、
どちらにでも私たちは迎える能力がある。

たった今、
どちらになりたいかだけを
心して選択をして生き続けるだけ。

なんとなくこちらではなく、
こうやって生きてみたいと
明確にイメージできたものから歩き出していく。

そうすれば、
世界中のすべての時間に
花が咲くだろう。

町の真ん中でも路地裏でも。
日の昇る時間でも星空の時間でも。

すべての心に花は咲くだろう。


posted by さゆり at 16:34 | 命の解放