2019年02月22日

美しさを極める面白いひとの出会い。


誇り高い女性が言った。

「あなたの誇りを取り戻せば、
わたくしはもっと美しく輝ける」


取り戻すとは一体。

私にとって誇りとは、
前に掲げるものでも誰か励ますものでもなく。

時々、信念を気まぐれに貫くと、
後ろに少しだけ付いてくるものだと思っていた。


誇り高い彼女が言った。

「あなたはなにも知らない。
なにも知ろうとしない。
あなたの誇りを知ろうともしない」


何も知らないとは一体。

私にとって知るとは、
彼女が言い放つ美しいものよりもっと野蛮なもの。

時々、好奇心の数だけ心を使うと、
身を刻まれるような野蛮な行為だと考えていた。


美しき誇り高き人の気配を
純粋に良いと感じたから、
気まぐれに玉座を眺めに来たはずなのに。

初対面にして玉座から離れ、
こちらに近づき、
目線逃さぬように睨みかけられる。

私は恐ろしくて、怖くて、
底が見えない圧倒的な愛を前にして、
震える脳内で溺れながら、
言葉もがき、必死に言葉をかき集めた。


「私の誇りは、
生きた後ろついてくるものであるのです。

自分では見ることはできません。
鏡にも映りません。

あなたの言葉を信じるしか、
誇りを知ることができません。

でも、もしも、あなたが、
私に誇りを取り戻して欲しいとするならば、
あなたのそばにいることで
私は誇りを取り戻すことができるでしょう」


それでいいというように頷くと、
長く座って来た玉座に、
自らのマントとブーツを置いた。

積み上げた誇りを捨てた彼女が言った。

「あなたは私の瞳の中を見て、
誇りを思い出すのだ。

わたくしはあなたの瞳の中に
誇りを思い出そう。

わたくしたちは対等となり、
さらに美しくなるぞ」


とんでもないことをしてしまった。

後悔先に立たず。覆水盆に返らず。
井の中の蛙、大海を知る。


彼女の捨てた誇りや輝きが、
王座を囲む騎士や大臣たちに
振り分け与えられて行く。

与えられて歓喜する人、
与えられて悲しむ人、
与えられて何も考えられなくなる人。


なんとも言えない場の空気の中、
私が言えたのは、たったひとつの質問だけ

「あなたに嫌われるまで、
私はそばにいることしかできないよ?」

ふふんと、誇りを失ったのに
前よりも美しき彼女が言った。

「この世界に生まれ落ちたのだから、
さらに美しくなり続けたいと思うのは
当然のことだろう?」

答えになっていないような答えを
ウィンクをしながら言い放つ。


もうあの瞳からは逃がしてくれないだろう。

私が己の誇り
というものやらを思い出さない限り。

美しき彼女がさらに美しくなる限り。

posted by さゆり at 12:45 | 命の解放

2019年01月19日

おなじ歌を謡いにやってきた。


さあ、ココダ!ここをタタキ破れ!!

ここをタタキ破れば、
好きな声で歌う彼女の目の前で
あの歌を聴くことができるぞ!


大きくて黄金の金槌を持った大男達は
続々と数えきれぬほど集まってきて。

大気を覆う鉄板を叩き続けた。

厚い鉄板は大男達の腕力で
どんどん凹んでいったけれど、
彼女の歌う場所まで届かない。


もう少しで鉄板は地上差し掛かる時、
一人の少年がやってきた。

「これ以上叩き続けたら、
彼女が育てた花園を一緒に叩き潰してしまうよ」

彼らは慌てて、叩くのを一斉にやめた。


大男達は今まで頼んだこともない知恵者に頭を下げて、
鉄板を切り裂く光線銃を借りようと駆け出した。

知恵者達は拒否をした。

叩き破るような野蛮人には
この銃を使いこなせない、と。


落ち込んで帰ってくると、少年が駆け寄ってきた。

大人から教わったわかるだけの知識を話した。


「元気を出して、地上まであともう少し。

僕らも歌声に合わせてともに歌を贈ろう。

そうすればあの暗闇で作られた鉄板は、
愛のエールによって
錆びて朽ちて形を保てず落ちていく。

あなた達がここまで叩いてくれたから、
あと、もう少しなんだ。

これからは、
あの小さく聞こえる美しい歌に、
そば耳を立てて必死に聴くんじゃない。

僕らから声を届けるんだ。

僕らの歌を彼女に聞いてもらうんだ。

厚い鉄板に向かって、
僕らが彼女に向かって歌ってみよう」


歌は聞くものとばかり思っていた大男達は、
下手くそで、不器用を隠さず、
地上を覆う鉄板に向かって
大きな腹の底から大きな声で歌い続けた。


地上の歌姫は鉄板から震えて聞こえる
不器用で荒々しい美しい声に気がついた。


彼女は空に尋ねた。

「あなたは誰?
あなたの聞いたこともない声が好き」

大男達は大地に答えた。

「歌が好きな男達です、
ずっと聞いていたあなたの声が好きです」


2つの声が「好き」を呟いた時、
大気は揺れて共鳴しする。

共鳴振動は音波となり、
地上間際まで凹ませていた鉄板は、
重力もさほどかからずあっさりと崩れ落ちた。


彼女と彼らは出会った。双方は同じ歌を歌った。

IMG_9038.JPG

少年は言った。

「錆びるのを待つ必要なんてなかったね」

posted by さゆり at 20:16 | 命の解放

2019年01月07日

もしもし、迎えはキャンセルできるかな?

出かける前、冷蔵庫を開けると、
パーティーがあるらしく、ご馳走の準備が入っていた。

いつもなら丁寧にお湯から注ぐお茶すら、
すぐに飲めるように
作り置きされたお茶も買ってあるようだ。

珍しいたくさんの来客用の品数の中
私が勧められたのは水で薄まったトマトジュースだった。

私は疑問に感じなら、
濃いジュースを飲みたい欲求を抑えられず
それを飲み干した。

差し出した彼女は遠回しに言った。

これから何か起こる、と。
パーティーの準備はできている、と。

あなたにはこれからすぐ起きる前に
血液が足りないのだ、と。


なぜ、彼女は私が夜明け前に
体の血液を月の星に持ち去られたことを知っていて
心臓の発作を起こしたことを知っているんだろうか。

でも彼女は何も言わずに、
たくさんのご馳走の中、
私の体が一番欲するものを選び出し、
堂々と差し出した。


私は結局、彼女に逆らえないまま、
もう少しで逝けるはずだった天国に
断りの電話を入れる。

「すまない、もう少しだけ迎えを待ってくれ」

次にやることは簡単だ。

太陽の星に血液を焼き尽くされにドアを開ける。

そうして新しい血液を生み出して、真昼の太陽に向かって生きる。

posted by さゆり at 13:15 | 命の解放

2018年12月29日

彼女達の安眠と幸せを願う。


私たちが死ぬのは構わないと
泣いた人がいた。

けれど私たちを独りにしたくないと
名残惜しそうに帰らずいた。

彼女たちを待っている家族のために
私たちは願い事のかけ方を教えた。

「想像を超えた世界で
灰を被っていた私たちが
尊敬され、愛され、大切にされている所を想像してみて。
その力は孤独になりたくてもさせてくれないから」と。

彼女達は予想を超えた世界の中で
私たちを想像することの楽しみを知り
嬉しそうに家族のもとへ帰っていく。

私たちは彼女達の想像をつなぐ星の橋を作り終えた。

私たちは彼女達の思惑通り、
孤独に静かに命をかけて死ぬことはできなかった。

孤独になれないまま、
時々人々に喜びと恥を見せながら、
愛されながら、生きて死んでいく…

posted by さゆり at 06:26 | 命の解放

2018年12月22日

さあ!フィナーレだ!!

さあ!フィナーレだ!!

頭がおかしいと言われても構わない
我々は地球の戦士だ!

地上の遺伝子を使って
遊び疲れた者達を捕まえたぞ。

アルコン
カバール
ドラゴニア
多次元宇宙人を。

ついでに甘い汁を吸ってたその下僕の人間を。

息を潜めてたあいつらの姿を晒せ!


もう自分を偽るな、
体を隠していたマントを取れ!


大バカ者と罵られ、
ひもじい思いをして人と寄り添い、
精神を病んだ人に殴られて、
我々はここまでやってきた。

我々は恥と痛みを知る者。

宇宙の外側にいるやつらに
アセンションのスイッチを押させない。

息を潜めてたあいつらの姿を晒せ!


寂しく震える女達に熱い火を当てろ!
空腹の男達に黄金の雨を浴びせろ!
薬と神に酔ってる老人に真実の風を当てろ!
幽閉された子供達を地上へ戻すぞ!



4つのエレメント受けた
地上の功労者にすべての愛を降り注げ!
全宇宙の者達よ!

彼らがアセンションのスイッチを
押すことのできる勇者だ!

我々はここから、虹色の階段を作る。

宇宙へ駆け上がり
スイッチまで堂々と走り行くんだ。
勇者達よ!


さあ、勇者の背中を守るぞ!

我々は戦士だ!

名も忘れた古い戦士が目覚めたぞ!

宇宙の階段を堂々と登り切り、
宇宙のすべての愛を受け取るまで。

我々は勇者の背中を守るぞ!

posted by さゆり at 02:08 | 命の解放
666666.jpg
叶えたいヴィジョンを
人工精霊がサポート
ヴィジョンプロデュース