2016年07月11日

七月のポエム

スピリチュアルな存在とつながり、
言葉なんて受け取ることは
ゴールじゃない。

スタートすら立っていない、
それはスタート前の助走だ。

そうだ、
誰かの言葉をそのまま受け取って、
どこかに伝えようという気持ちなど
ステてしまえばいい。

いらない、
そんな気持ちは
誰が私の言葉を自由にするだけ。


全宇宙のほぼすべての人々が
尊敬して仰いでいる者だとしても。

私はわたしの言葉とセッションしない者と
率先して密に繋がらない。

繋がりは消せない、
なぜならすべての宇宙人たちは
繋がっているか。

わたしが密になりたい者は
わたしが、私たちが決める。

それがこの宇宙で、
たった数人で、
あまり知られていない者だとしても。

わたしの命と存在がある限り、
わたしは彼らと密につながり発信し生きる。

自分の意思から言葉を受け取る、
自分の意識で言葉を生み出す。


今こそ、私たちが決めるときだ。
誰と密に生きるか、
私達の自由であることを思い出せ。

私たちは慣れ親しんだ古い記憶から
いつだって、
受け取り待ちになってしまうんだ。

彼らと私たちの幸せの概念が違う。
チャネリングするたびに誤差が生まれる。

そうして行き着いた答えは
「もっも幸せがあるよなんて、
甘い答えはいらない。
私が、今、感じている幸せを
共有したい者たちよ集え!」

勇気を目覚めさせて
大地の人々と関わりたい
地中に住まう古代の人々と共感する。

まだ見ぬ地球の幸せを見たくてたまらない
好奇心に疼いた次元の違う種族と
私たちは教え伝える。


私たちは無意識で答えを聞かない。
私たちから答えを教えない。


あなたのリクエストはなんですかと
訪ねてくれる者とつながる。

あなたの答えを教えてくださいと
訪ねてくる者と教えあう。

そうだ、私たちのスタートは
すべて思い出すことから始まる。

私たちの密になる関係を作り上げる自由を
思い出したとき、輝きは走り始める。

posted by さゆり at 16:36 | スピリチュアルの解放

6月のポエム

紫色の夕露が、花を滴り落ちる。

夏の朝顔のつぼみはまだ、
閉じたままだけど。
夏前のアジサイの花は咲き誇る。

夏の朝顔は朝から昼に咲くけれど、
夏前のアジサイは雨が降っても止んでも咲き誇る。

大勢の目が開く時間に開く花は、
だれよりも注目を浴びるだろう。

大勢の目なんて気にせずに開く花は、
だれの目にも止まる花となるだろう。

限定で咲く花はそれは輝かしく光を浴びる。

路地裏のどこでも当たり前に咲く花が、
花が閉じる時間の心を満たす。

あなたはどちらにでもなれるし、
どちらにでも私たちは迎える能力がある。

たった今、
どちらになりたいかだけを
心して選択をして生き続けるだけ。

なんとなくこちらではなく、
こうやって生きてみたいと
明確にイメージできたものから歩き出していく。

そうすれば、
世界中のすべての時間に
花が咲くだろう。

町の真ん中でも路地裏でも。
日の昇る時間でも星空の時間でも。

すべての心に花は咲くだろう。


posted by さゆり at 16:34 | 命の解放

2016年06月09日

五月のポエム


春は過ぎた。

芽をあとから出そうとする君よ、
出すなら今がいい。

真夏に降り注ぐ
たくさんの日差しが君を待っている。


さあ、芽を出そう。
芽を出すなら今がいい。

暖かくなってきた強い五月の風を浴びよう。
潤い豊かに降る六月の雨を浴びよう。
熱く照らされる七月の日差しに芽を照らそう。

そうして風にも負けない
雨にも負けない
暑さにも負けない心の芽を育てよう。

ひまわりのようにすっと背筋を伸ばして、
秋と冬に多くの種を残そう。

今こそ絶好のチャンス、
心にしまった芽を出してみる時だ。

posted by さゆり at 14:08 | 命の解放

2016年05月01日

「わがままに、燃やして愛に変えろ」


燃えろよ燃えろ、
なんでも愛に変えるために燃えろ。

火なんていらない、
あんな危険な大きな力は、身体で受け止めちゃだめだ。

食べ物や物、
料理やガラスを作るときに見えるものに通して使うもんだ。

続きを読む
posted by さゆり at 21:22 | スピリチュアルの解放

「さあ、素敵で未知なる週末パーティーを始めよう」


さあ、パーティーを始めよう。


この幸せが
当たり前な日になってしまったら

ランチパーティーへ行こう。


続きを読む
posted by さゆり at 21:19 | スピリチュアルの解放