2017年06月13日

勇気



みんなに異様な力を分けてあげたい。

全部あげるよ、そうだ全部あげよう。


そうしたらおじいさんはなんと言った?

「もう手にしてしまったんだよ」

何もしたくないと言ったらなんと言った?

「君がいいなと思った人の願いを助けてみては」

それっておもしろいことなんだろうか。


でも、手にしてしまった。
あげられないたったひとつの力を手にしてしまった。


少なからず、
ひとつ以上、
生まれた人は
みんなあげられない力を持っている。

覚悟を決めるときはこの時、
何にエネルギーを注ぐか、力を使うか。

この選択の自由だけが私に勇気を支えてくれる。


明日へ好きな人たちを守りながら生きる勇気を
過去に愛された人たちに頼ることを許す勇気を。


この手にした力なんてものは、勇気の前に跪く。

あなた方の勇気と、私の勇気が輝く瞬間だけ幸福を感じる。

重なる瞬間、瞬間に生きる。今を生きる。

posted by さゆり at 18:38 | 命の解放

2017年05月12日

胸を張って生きていこう。

誰にも頼らない自分になろうと
独り立ちすることはオススメしない。



本当に勇気がある人は、
「助けてください」と誠実に言える人だし。


本当に誠実がふっと湧いて出た人は
「嬉しかった」が素直に言える人。

誰かに胸を張ってお願いできる人になろう。



それならなれるよね?

今すぐなれるよ。

そういう人たちがあなたの周りを囲んで、
手伝いたくてうずうず待ってる。

posted by さゆり at 16:33 | 日記

2017年03月10日

愛を体現して伝えることを諦めたくない人たちへ

エネルギーだけの存在になれたら、
私たちは楽かもしれません。

愛してるなんて言わなくても、
愛してるを何かで表現しなくても、
愛を体現できたら楽かもしれません。

けれど、ここは、地球です。

面倒で愛らしい原始的な愛を伝達し合う場所です。

もしかしたら、
あなたが知っている神様は
昔からこんなことを言ったかもしれませんね?


「愛は思ってみつめるだけで伝わる」と。

その精神世界は、地球において危険です。


あなたには肉体があります。
内臓があってホルモンがあり
息吹を吸って吐いて命があります。

愛を体現できない、
もしくは愛を意図的に思って生きることを忘れてしまうと、
欠血してしまいます。

どうしてこの地球がそんな面倒なことになっているのか、
この際考えている暇はありません。

とりあえずあなたの愛を意図的に思い出し、
息吹に乗せましょう。

まずは魂の息を正常に吹き返しましょう。

私はあなたが
神様の理想のまま生きて欲しいなんて思っていません。

古い神様の精神世界は、
この地球でもはや時代錯誤、まったく合いません。

たった一つしかない地球にいるたった一人しかいないあなた、
愛の体現はあなたらしくて良いんです。

あなたがあなたの愛する人を
大切に自由に健康で過ごせることを応援したいのです。

これが私の魂からの愛の叫びです。

posted by さゆり at 17:01 | 命の解放

2017年03月09日

モテる老人を目指して。

自分の欠点を愛してくれる人に甘えるな。

自分の欠点を愛してくれる人を愛するために行動しろ。

欠点が汚点になる前に、行動を始める。

まずは、自分の欠点を知れ。
次に、自分の欠点をみとめてくれる人の欠点を知れ。
そして、自分の欠点をやさしく諭してくれた言葉を思い出せ。

昔の約束を何度破っても。

不器用でも未来に誓って行動を続けるんだ。

汚点になる前に、欠点を人間らしさに変えるんだ。

老いは欠点ではなく、人間らしさだ。

人間らしい人は、モテるよ?

posted by さゆり at 22:51 | 日記

2017年02月05日

愛の結晶

愛を与えようとするとひとが、
愛を受け取っているか見てみよう。

愛を受け取ろうとしているひとが、
愛を与えているか見てみよう。


それだけでいい、それだけで見えてくるんだ。

どちらも愛がないことを。


愛は流れに生まれる。

「愛」正反対は「停滞」だ。


わたしからの見える愛を
少しも受け取ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を与えたがる。

わたしの方へ見える愛を
少しも送ろうとしない「何か」は、
わたしに愛を求めたがる。


愛は流れの中に生まれる。


愛は何もない空白に流れる
瞬く間に消えて無くなる美しい雪の結晶。

積もって固まれば、結晶は溶けて崩れていく。


私たちは途方もないものを
欲しがっているのかもしれない。

愛を求めたら手にすることができなくて、
愛を与えたら手にすることができないのだから。


愛を与えた時と、受け取った時が、
重なった瞬間に雪の結晶が生まれる。

ふたつが同時に重なった時だけ
生まれる過程の美しさ。


愛を欲しがっては手に入れられない、
愛を与えるだけでは手に入れられない。

何もない無なる心から、
与えて受け取ることが果たされたとき手に入る。


瞬間の輝きを私たちは
いつだって簡単に手に入れて、
簡単に捨てていく。

心に積もった雪の結晶は消えない。
心をおもいだせぬ者たちは愛に飢え、愛に溺れていく。

何気なく
心を思い出し続けようではないか、
愛を純粋に求める人々よ。

少なくとも、私は思い出し続ける先頭に立とう。

posted by さゆり at 16:17 | 命の解放