2016年11月24日

優しく残酷な真実を伝えてくれる人ほど大切に


残酷な真実を告げるあなた。

わたしは知っている、
あなたがわたしの本当の姿を見てくれていることに。

わたしは覚えている、
わたしがあなたに同じようにしてきたことを。

こうして心から穏やかさを感じて笑っているのは、
二つ揃わなくちゃだめだったこと。

ついにわたしは、今、気がついた。

夢の中ではだめ、
この世界であなたと一緒じゃなきゃ。

リアルな世界は良い、
隣で一緒に笑う吐息を混じり合わさなきゃ。

私たちは知っている、
私たち以外に本当の姿で笑いあうことが必要なことを。

私たちはそばにながら、離れていく。
もっといろんな人たちに会いに行きながら。

私たちは近づきながらながら、離れていく。
どんどん近くに寄って、行動距離を広げながら。

こうして世界に笑う声を合わせていく。
posted by さゆり at 23:30 | 命の解放

2016年08月01日

君の伝説が聞きたいんだ。

まだやってるの?
幸せの形を誰かと比べること。

知ってるつもりなの?
有名人と会っただけで知識人になれたと思ってる。

豊かになったつもりなの?
そんなに孤独なのに。

いい子ちゃんなの?
誰かの代わりに損しているだけなのに。

いつまでしてるの?
たったいま変われないのはあなたのせい、だなんて。

この言葉が胸に響いて、
怖くなったら自分と向き合うことをお勧めするよ。

恐ろしくても簡単だ、向き合うことなんて。

自分に向かって、「行動する」と宣言するだけでいい。

愛するもの嬉しそうな顔のために、飛び出せ。

自分でも、家族でも、対等でない人たちのために。

行動できたら、また聞かせてよ。

あなたの面白くて壮大な伝説を聞きたいな。
posted by さゆり at 16:05 | 命の解放

2016年07月14日

救世主はわたしだと発言する。


わたしを救うものはわたしだ。

私と、繋がるものを救うのもわたしだ。



あまねく全て世界の異なる信仰は
ひとつの答えにたどり着く。


光り輝く自尊心の力。

わたしたちは
過去にわたしの傷ついた救うために
命を授かり願い出た。


そして、わたしを含める
すべての宇宙の人々の
未来を救うために生き続ける。


そう。あなたの誰かとともに
自分を心から大切にしてくれる
目の前にいる人をも救える。



それだけじゃない。

体ひとつ、細胞ひとつひとつは
すべての星と命血繋がっている。

自尊は共鳴し合い、
ともに尊敬と大切に思いやり、
まるごと星ひとつの人々が救われる。


大切にとは、
単に弱っているときに
差し伸べる手じゃない。

弱っている手を
新しい未来へつなごうと
目線を向けてくれる勇気を指す。



高度な文明も、
完璧な縦社会で犯罪のない法律も、
肉体を失った光の存在も。

彼らは私たちが保ち続ける
自尊心に救われて宇宙に生きているのだ。



宇宙から降り注ぐ、地中から湧き出る
大量のメッセージなど、
オプションだ。


私たちの燃え滾る自尊心にはかなわない。


彼らのいいなりになるな。
彼らと友人になれるものだけ繋がれ。


なにも知らない暖かな心で
どんな時も励まして、
過去の蔑みよりも
気持ちを切り替える手招きしてくれる友人こそ
優先して手を差し伸べるんだ。



ああ、もうだめだと生きていくまで。

わたしたちの自尊心がある限り。

わたしがわたしを大切にし続ける。
わたしを大切にしてくれる人々を大切にする。


わたしたちが生きていたからこそ、
この宇宙を救い続ける。


バカにされても、
失笑されても、
頭がおかしいとさげすまされても。


熱い自尊が生きている限り
わたしたちは宇宙を救い続ける。
posted by さゆり at 09:34 | スピリチュアルの解放

2016年07月11日

時だけでは心は癒せない。

時は心を癒さない、
椅子に座っているだけでは何も生まない。

時は癒そうと行動した者を癒す。


黙っていたって、じっとしていたって
心は癒さない。

誰も、そして自分も。


時が心を癒すということのみに注目して
永遠と心の整理の時間とを繰り返して、
地獄を作り上げ生きている人を
私は知っている。



時間の経過だけで心を癒すことの罪悪感、
なにもしないその罪重さに耐えきれず、
あえて幸せの生産性ない
悪の循環を自ら作り出し、
自分はこんなにも地獄住んでいるのだと
悲しみを作り出し
何も生まないことの理由にして
ごまかしながらいきている。



あえて言おう。


本当の不幸な者は、
これが幸せなんだと
必死で思い込もうとするものだ。

そして、気が付いても行動できない者だ。



幸せなど、誰も決められない。
あなたの心が決める。



幸せのアンテナの方角を決める

時を動かす

世界は変わる。


心を癒そうとしたのに、
気がつくと
周りも幸せになっていることに
気がつくだろう。



あなたの幸せ音波は
誰かの心を揺らして
地獄を作り出す者に
激しい衝動をあてつけられることもあるだろう。


あなたの幸せ音波は
誰にも強要ようせずとも、
おなじく生きたいと憧れて
行動を始める人々にあなたは出会うだろう。



あなたの御霊よりも深い
震える心で決めていくことを
繰り返していく勇気。

今、この瞬間ごと、
変わり続けることを認める寛容さ。



震える心のアンテナから
生まれながらにして幸せを発信する。

熱くなった御霊のアンテナから
息を吸うだけで幸せを受信する。



時だけで心を癒すことの愚かさよ。
己を恥じたわたしを
どうか愛する人々よ、許してほしい。


わたしは御霊よりも
深い心の震えを感じて生きるぞ。


posted by さゆり at 16:38 | 日記

七月のポエム

スピリチュアルな存在とつながり、
言葉なんて受け取ることは
ゴールじゃない。

スタートすら立っていない、
それはスタート前の助走だ。

そうだ、
誰かの言葉をそのまま受け取って、
どこかに伝えようという気持ちなど
ステてしまえばいい。

いらない、
そんな気持ちは
誰が私の言葉を自由にするだけ。


全宇宙のほぼすべての人々が
尊敬して仰いでいる者だとしても。

私はわたしの言葉とセッションしない者と
率先して密に繋がらない。

繋がりは消せない、
なぜならすべての宇宙人たちは
繋がっているか。

わたしが密になりたい者は
わたしが、私たちが決める。

それがこの宇宙で、
たった数人で、
あまり知られていない者だとしても。

わたしの命と存在がある限り、
わたしは彼らと密につながり発信し生きる。

自分の意思から言葉を受け取る、
自分の意識で言葉を生み出す。


今こそ、私たちが決めるときだ。
誰と密に生きるか、
私達の自由であることを思い出せ。

私たちは慣れ親しんだ古い記憶から
いつだって、
受け取り待ちになってしまうんだ。

彼らと私たちの幸せの概念が違う。
チャネリングするたびに誤差が生まれる。

そうして行き着いた答えは
「もっも幸せがあるよなんて、
甘い答えはいらない。
私が、今、感じている幸せを
共有したい者たちよ集え!」

勇気を目覚めさせて
大地の人々と関わりたい
地中に住まう古代の人々と共感する。

まだ見ぬ地球の幸せを見たくてたまらない
好奇心に疼いた次元の違う種族と
私たちは教え伝える。


私たちは無意識で答えを聞かない。
私たちから答えを教えない。


あなたのリクエストはなんですかと
訪ねてくれる者とつながる。

あなたの答えを教えてくださいと
訪ねてくる者と教えあう。

そうだ、私たちのスタートは
すべて思い出すことから始まる。

私たちの密になる関係を作り上げる自由を
思い出したとき、輝きは走り始める。

posted by さゆり at 16:36 | スピリチュアルの解放