2018年06月05日

王様になるはずだったあの子のうた。

わたしはなんでもない詩人。

思いつくままに旅をして、
気がつくままに詩を書き留める。

たまに譜を褒めてくれる姉たちに
愛の詩を送っている日々。


旅の中、遠い星から歌が聞こえた。

愛の歌が聞こえた。
美しくて力強くて小さな声。

わたしの譜を歌って欲しくなって、
わたしは遠い星に生まれ変わり降り立つ。

姉たちは一冊のノートを贈ってくれた。


様々な愛に触れる日々、
栄華を極める国の小さくて華奢な
王になるはずだったあの子に出逢った。


わたしの肩を掴み揺らし、
あの子は叫んだ。

こんなものでは、
こんな歌では民を救えない。

叫び続けて、縋るように救いを求めた。

救うどころか、何もかも揃うあの国へ
何を救いに戻るのだろう。


でも、もし、あなたが。

満たされないと感じるなら、
誰かを愛する心くらいかな?

何もかも王の栄光を輝くために揃えた
完璧な星に戻りたくないとしたら。

あなたの心に愛を満たせばいい。



そうだ。
あなたの心に愛を満たすために
わたしは詩を送ろう。

今すぐ。
姉たちにすら送ったことのない
愛をもっと見つけに行こう。

これから。
あなたの歌声に共感する人たちの
想いを集めよう。


王になるはずだったあの子。

歌い、進み、励みながら
たくさんの人たちの歌に囲まれて。

ついに街が1つ出来るほどに膨れ上がった。


となり星にあったあの街も
向こう星にあったその街も
彼女の愛の叫ぶ歌声に共鳴する。


王などいらない、
ここに私たちの想いをまとめた
愛を歌う人が
数え切れないほどいたのだから、と。


あの人は王を捨てて、
愛を歌い続ける。

人々は王を捨てて、
愛を歌い続ける。


わたしの命はそろそろ終わる。

少し険しい山の彼方を歩き過ぎた。


でも 最期に

面白い詩 が 書けそう だ。
姉たちは 喜んで くれる だろうか。

わたしは 詩を書き、
丁寧に封をして

宇宙の風に 届けた


4BC4C2A2-3211-4A28-9A86-8517F7E51E0A.jpeg

また一緒に歌おうね、町内会長さん。

posted by さゆり at 12:52 | 会長と詩人シリーズ

王様が町内会長になったおはなし。

わたしは静かで小さな王。

だれよりも静かに、
どの国の王よりも小さく。

わたしは王に、
なるはずだった。


父親たちはわたしが
遠い星に行くことを止めなかった。

小さな王だから気づいた、
民の小さな声が大好きだった。

拡声器も使わずに、
国民全土に広まっていく
心にガンガンと響く歌声が大好きだった。


親衛隊はわたしが遠い星で
生まれ変わるのを止めなかった。

あんな声になりたくて、
あんな声にどうしてなるのか知りたくて
それが王のままではわから無くて。

あんな声を持った
王になりたいと思ってしまったのだ。


遠い星で私は美しい声を持ち、
人々に歌と芝居を持って愛を励ました。

愛の忙しないなか、わたしは瞬く間に倒れた。


わたしは小さな王だから気づいた、
民の叫び声が哀しすぎたことに。

権力も使わずに
恐怖と哀しさが広まっていく
細胞にギシギシと刻む声を嫌いになりそうだ。


わたしは気づいてしまった。

あの故郷で聞いた心に響く歌声は
支配の悲しみを癒すために歌っていたことに。


民の悲しみを尋ねると
遠い星の王だった父は言った。

お前の栄光は私たちが揃えたもの。
全ては用意されたもの。
何1つ、お前が築き上げたものはない、と。


わたしは哀しみから這い上がった、
民に歌うと誓った。

わたしは王であることを捨てた。

中途半端な静かな王のささやきと
なりそこないの民の歌声で。

愛を叫び歌った。
かつて父が滅ぼした小さな村に町をつくった。


王や親衛隊は途端にマントをひるがえし、
恐怖と不安にかられて耳を塞いだ。

王が王で無くなっていく……
世界中から国境が消えて行く…


わたしの後ろにたくさんの大衆が
一緒に歌っていたのに気づいたのは、
喉枯れて歌い疲れた後だった。


わたしたちは歌い続ける。
王をなくした国に愛が満ちるまで。

わたしは王を捨てた、
王たちが去って行く街に愛を満たすため。


わたしに王など肩書きはいらない。
この町にいる間だけ、町内会長でいい。

会長と呼んでくれ、
微笑んで冗談ぽく。

王をなくして呆然とする民の中を
朝の散歩とともに愛を歌う。


ああ、またあさが来た。

また、仲間と一緒に愛を語りに歌おう。

posted by さゆり at 00:15 | 会長と詩人シリーズ

2018年05月17日

たとえば誰かを知るために


たとえば誰かを知るために、
あなたのそっとしていた
「思い出の扉」を開いたとしよう。

その扉を開けるのを拒む人はこう告げた。

「扉の向こうには猛者がいる」

真実は開けてみなければわからない。

反論した後、
止めても無駄なことを告げた人は悟った。


開けて解き放った、
そっとしていた「思い出の扉」

猛者たちがわたしに駆け寄った。

「なぜ扉を開けた」

「なぜ我々に会いに来た」

「開けたが元の世界に逃げた連中はどうしてる」


彼らの質問には答えず、
質問を受けたいたったヒトリを目指して
突き進む。

彼らは吠えた。


「ああ、また逃げるのか」

「ああ、また去るのか」

「ああ、また我々を無視するのか」


ビルの谷間を抜けて
背後から声は遠ざかり。

静かな木陰にたたずみ、
折れた大木に腰掛けるヒトリの人と出会う。


たったヒトリだけ、
もっとも小さな声で質問される。

「今に『あなた』で、なにが不満なの?」


どんな質問を受けるかわからなかった、けど。
答えは決まっている。

「思い出の中の『自分』を一人ぼっちにさせたくない」


たったヒトリだった過去の自分を連れて、
再び扉の入り口まで歩く。

僕らを拒絶した猛者は
もうどこにもいなかった。

とうとうフタリは扉の外へ出ると、
「思い出の扉」は消えた。

posted by さゆり at 17:18 | 命の解放

2018年04月26日

この肺に愛をいっぱい詰めても、あなたが心触れる瞬間まで息をしよう。


どうしてそんなに、
わたしを愛してしまったのか。

わたしにはさっぱりわからない。


けれど、
あなたがわたしの心をワクワクさせて。

触れさせてあげるのはひどく、楽しい。


これはもうお互い重症なんだと思う。

あなたを通して、
わたしは愛を触れさせてあげる喜びを知る。


あなたの仲間というか、
あなたがわたしの心に触れようと。

いっつも駆け巡るあなたの姿に向けた「応援者」にも
心を触れさせてあげたよ。


でもね、どうやら彼らは
憧れの人と同じものを触っていたから嬉しいみたい。

腰砕けにはならなかったなあ。


そもそもあなたが変わっているんだと
わたしは推測した。


あなたを基準で世に人間が生まれてしまったら、
世界中があっという間に愛で溢れて。

息もできなくなるくらい愛で
埋め尽くされていくだろう。


知ってるかい?

酸素っていうのはね、
二酸化炭素があるから木々によって生成されるんだよ。


濃すぎる酸素は人間には毒だという人もいるけれど。

でもね、君があげた酸素の分
二酸化炭素をわたしが吐き出せば、
木々となる応援者たちは応えてくれる。


もしかしたら・・・

わたしの肺は膨張して
破裂してしまうかもしれない。


けど、そうなってもいいよ。

あなたの愛は面白い。

存分に知り尽くそう、存分に認めあおう。


わたしはわたしの心に今か今かと
触れることにドキドキさせながら。

手を伸ばすこの瞬間である
あなたのことを。

心の底から愛してる。



posted by さゆり at 23:05 | 命の解放

魂が散りじりに憔悴しても、例えば最後に残すコトバ「愛してる」


あなたはどれだけ、どれだけ、
あなたの心に触れたいかを知らない。

どれくらいの人々が、一度その先に触れてしまうと、
くしゃくしゃに腰砕けになるのかを知らない。

あなたは私が
「なぜ、愛の前に命尽きたのか」問いたけど。

そんな簡単な質問しか用意できないのかしら。


もっと難しいことを聞いて、
いくらだって答えるのだから。

私はあなたの心に触れるために今を存在させる。


遠い未来はわからない、
今はあなたの心に触れた瞬間を再び呼び起こす時。

私の心が腰砕けになる瞬間を重ねる自分が愛おしい。


ごめんなさいね。

あなたよりもあなたの心に触れていく
自分を優先して生きている。


あらゆる手を尽くして、
あなたの素直な時を迎えた瞬間、瞬間をあいしてる。

あなたが笑顔溢れる人生のとき、
その時の心に触れられたのなら、
私は業火に焼かれることも気づかないだろう。

でもね、愛を貫こうとするたびに、
命を落とすまであなたのことを愛して大切にしていくと。

なぜか周りに私の愛を応援する人たちが現れた。

「面白そうな愛だね、応援させてよ」

まるであなたみたいに、無邪気に笑って。
私の愛を認めて私に力を貸すのよ。


信じられないかもしれないけれど、
いまでは私に仲間ができた。

「ねえ、聞かせてよ。
今回の心に触れた瞬間はどうだった?」

嬉しそうに毎回、嬉しそうな報告を聞くの。



「面白い愛を受け止め、燃え尽きるならそれでいい」

あなたはいつだって、私の愛を笑って認める。


こんなに長い間、
あなたのエネルギーを共にしているのに
私にはその真意すら理解できない。

面白いけど、理解できない不思議で熱い関係。

理解できない同士なのに、
私たちは繋がり合う。

つながりを応援する者まで現れる始末だわ。


でもね、何度もこれしか言えないの。

たとえ、
魂のかけらが散りじりに愛で消耗して、
感情がなくなっても。

私はあなたの元に愛を届ける。


あなたの素直でシビレる心に触れる手段、
たった一つ見つけた手段。

私はこの世界が滅びるまで、
決してこの手段を手放さない。


あなたはまた、私に笑っていう。

「あなたの前で素直に笑っているだけでいいの?」


そうよ、ええそうだわ。

私はあなたの素直で痺れる心に触れるためなら、
あなたの愛する人もまとめて、愛してる。


地球の女神はいつだって、
私たちの面白そうな愛のやり取りを見て笑ってる。

posted by さゆり at 22:47 | 命の解放
666666.jpg
叶えたいヴィジョンを
人工精霊がサポート
ヴィジョンプロデュース