2018年01月30日

忍耐だけを鍛えられた子供だった大人達へ

私たちは気付かぬように生きている。
忍耐だけを鍛えられてしまった子供時代を。

君たちは気付かぬように生きている。
耐えることが美しいと言われる大人時代を。


でも、ほんとは気づいてる。

みんな知っている。

耐えてるだけでは時代は変わらない。


社会の云う生きる良い人なんてどうでもいい、
宇宙の平和のヒーローにならなくてもいい。


耐えることから外れてしまうと、
自分を越えることができるだろう。

同時に自分の恐ろしさに気付くだろう。

ああ。

こんなにもわがままだったのかという事実に。

耐えることを恐れるな、
わがままな自分を恐れるな。

耐える美しさは幻だった。
わがままは当然だった。

なぜなら私たちには複雑な感情があるからだ。


複雑な感情を手にしたことを面倒がるよりも、
複雑な感情から得られる充福感を描くのだ。


美しさは充福感の先にある。


耐えることが美しいのではない。

耐えることで複雑な感情がより複雑になるから。

予定していたゴールが先延ばしになるほど
夢を描けるから得られる時を待ち焦がれているだけ。


やあ、はじめまして。わがままな君よ。

ようやく会えたね、待ち焦がれたよ。

君は恐ろしい事件を起こさずとも、
ゴールを先延ばしにしなくても、
福に満たされて行く事実を知った。


そうだ、自分の「好き」を
好きになってくれる者たちと出逢おう。

君の忍耐を愛してくれる人よ。
しばらくのあいだ、さようなら。

君のゴール
達成した瞬間を愛してくれる人よ。
これからしばらく、どうぞよろしく。

愛に満ちたやさしいワガママな自分の中に
チャンスがコップに盛れてしまうほどあふれてる。
posted by さゆり at 14:33 | 日記

2017年08月11日

愛だけで終わるな!



平等と平和を履き違えるな。

2つはまやかしになる。

キミと同じ目線に立つ者への幻となる。

いいか、よく聞け。

キミは平和なんてほんとは望んでない。

平和は過程だ。

キミは何かを欲しいから平和が欲しいんだ。

平和を成し遂げたら死ぬのは、きっと本望じゃない。

平和を成し遂げてからキミはスタートする。


いいぞ、よく来た。

ここは選ばれし人が来る世界。

知りたいことのためにこうべを垂れて
学びを素直に頼むべき場所。


平等?平和?

そんなことのために
キミのエネルギーを吸い尽くされるな。


欲しいもののために、平和を見つめろ。

素直になれるために時として平等であれ。


平等も平和も愛も慈愛も
それだけでは
キミの痛みと欲を解決してくれない。


あれはキミと誰かが
壮大な欲の夢を叶えるために最も効率的な方法。



愛だけで終わるな、
キミはほんとうは何が知りたい?


posted by さゆり at 12:02 | TrackBack(0) | 日記

2017年06月27日

本心が快く繋がる人々との輪


もっと激しく自己主張したらいいのか。

もっと熱く想いを伝えたらいいのか。

もっと残るように爪痕を残したらいいのか。

どうなら貴方の心の声が呼び醒ますのか。

安くてもだめ。
高くてもだめ。

もういい。

社会の価値基準など捨てて、
いっそのこと一掃してしまえ。

すべて曝け出してしまえ。

私の体現したこの肉体を通して、
今でも過酷な病を刻んで生きる人に触れながら。

経験があり、現役である「ナルシスな癒しの手」を呼び起こし、
これを文章に記そうぞ。

この手が本物であるなら、いずれ貴方に届こう。
私が施術して確かな反応が返ってきたように、
文章から癒しの手を乗せよう。

あなたの肉体を通してその目に刻み、
向こう側の身体を通して光に紛れさせ。

暗闇を見えてしまうようにしてしまおう。

ほら、そうしたら何も怖くはない。

すべてを見通せる。

ずっと閉じていた目が開花されるとき
すべての本心が曝け出す。

見せかけの霊的世界と
うわべだけの哲学に飽きた光の若者よ。

飽きた頃がいい頃合いだ。

君はそこに・・・・・・・・染まるなよ?

せっかく生まれてきたんだ、
未熟も大人も関係ない。

本心と本心がつながる世界の住人と共に生きようじゃないか。

飽きた頃が、早速始めるにいい頃合いだ。

うわべを捨てされ。



posted by さゆり at 23:02 | 命の解放

2017年06月13日

勇気



みんなに異様な力を分けてあげたい。

全部あげるよ、そうだ全部あげよう。


そうしたらおじいさんはなんと言った?

「もう手にしてしまったんだよ」

何もしたくないと言ったらなんと言った?

「君がいいなと思った人の願いを助けてみては」

それっておもしろいことなんだろうか。


でも、手にしてしまった。
あげられないたったひとつの力を手にしてしまった。


少なからず、
ひとつ以上、
生まれた人は
みんなあげられない力を持っている。

覚悟を決めるときはこの時、
何にエネルギーを注ぐか、力を使うか。

この選択の自由だけが私に勇気を支えてくれる。


明日へ好きな人たちを守りながら生きる勇気を
過去に愛された人たちに頼ることを許す勇気を。


この手にした力なんてものは、勇気の前に跪く。

あなた方の勇気と、私の勇気が輝く瞬間だけ幸福を感じる。

重なる瞬間、瞬間に生きる。今を生きる。

posted by さゆり at 18:38 | 命の解放

2017年05月12日

胸を張って生きていこう。

誰にも頼らない自分になろうと
独り立ちすることはオススメしない。



本当に勇気がある人は、
「助けてください」と誠実に言える人だし。


本当に誠実がふっと湧いて出た人は
「嬉しかった」が素直に言える人。

誰かに胸を張ってお願いできる人になろう。



それならなれるよね?

今すぐなれるよ。

そういう人たちがあなたの周りを囲んで、
手伝いたくてうずうず待ってる。

posted by さゆり at 16:33 | 日記
666666.jpg
叶えたいヴィジョンを
人工精霊がサポート
ヴィジョンプロデュース