2019年05月02日

恋する野心


あなたに恋する相手はたくさんいる。

私はあなたに恋する人たちの瞳を
見るのが好きだった。

あなたは一生懸命に
恋され続けようと
駆け出し走りつづけた。

もしかしたら、
私はあなたの瞳よりも
彼ら彼女たちの瞳に
惹かれていたのかもしれない。

あの子たちは
真っ直ぐあなたを見ていたよ。
曇り霧の中を貫くみたいに。
あの瞳が羨ましかった。

舞台を見ながら
横目であの子達を見ていたから、
あなたを見るのも横顔ばかり。

だけど、ほんの一瞬だけ、
正面を見たら、
あなたの唇が動いたのを見た。

IMG_9864.JPG

(恋されるだけじゃ、つまらない)


猛烈に胸を貫いた
あなたの強くしたたかな情熱的な野心。

目の前には可愛いレースを着て
無邪気にはしゃぐあなたとは真逆。

客席の中で記憶が飛んだことは
言うまでもない。


みんなあなたに恋してる、
野心も知らずに。

私はどうしたら良い?
あなたに恋するあの子達も見ていたい。

そのために、
あなたには可愛いレースを
しばらく着ていてほしい。

あなたはどうしたい?
あなたに恋する彼ら彼女たちを
見ていたい?

なんのために舞台を立っているのか
教えてほしい。

母を愛するため?
恋された相手を愛されるため?
仲間と愛し合うため?

かろうじてもう一度だけ、
勇気を出してあなたを正面から見た。

IMG_9866.JPG

(あたしは、あたしに夢中で恋してみたい)


野心は幻か。
自分に思い切り恋したいなんて、
こんな面白いことが
この世にあるだろうか。

野心は妄想か。
自分が誰よりも自分のファンになりたいと、
こんな真っ直ぐな視線が
地上にあるのだろうか。

あの舞台の間だけ
初めてあなたを見放さなかった。
見逃さず黒目の視野に標的を合わせ続けた。

あなたはどうしたい?
あなたの野心が本物なら、
あなたの面白くて真っ直ぐな野心を応援したい。

もっと見たい。
あなたがあなたに夢中になっていく、
あなたがあなたを好きになっていく
あなたを見ていたい。


もしもあなたが、
恋されるだけに飽きたのなら、何がほしい?

教えてほしい。

私たちはあなたの野心を、
やりたいことにこの愛を注ぐ。


posted by ユーリー at 05:01 | 命の解放

ひとつだけ、あなたを知りたくなったら。


「私の肩にホコリでもついてましたか?」

あなたに貰った髪留めを使わずにいたことを指摘され。大切にしまっていることを正直に話してしまわないように。

恥ずかしさから思わず目をそらした。


あなたの肩にホコリなんてついていない。だって近頃はわたくしが、あなたの洋服にアイロンかけているのだから。

あなたはわたくしの服をよく褒めるけれど、わたくしだってあなたを褒めたい。

人に褒められることはあっても、賞賛をあなたらしく伝える語釈なんて学んで来なかったから、どうしたらいいかわからない。

あなたがいつか、わたくしがアイロンをかけていることに気づいて話してくれたら。そこから話を広げられるのにと思ってる。

あなたは面倒臭い女だと思うだろう。同時に、あなたは嫌いじゃないと付け加えるだろう。

分かってる、もっとわかりやすくあなたに、与えて貰った分に褒めて仕舞えばいいことを。知っている、さらにあなたを知るために、言葉を待っているだけではダメなことくらい。


「怖い顔をして考えごとしているね」

「また、恐ろしくなって眼をそらすの?」

「いいや、割と…おっと、お茶が湧いたようだ」


今度は向こうがお茶を濁した。

とっさにいつものように怖がらないのか聞きたくて。恥ずかしさよりも好奇心が勝った自分の心の隙に、先ほど思う話題に触れた。

あなたが大切に差し出した髪留めをなぜ使わないのか。あなたは疑問に感じているのではなくて、と。


「あなたの価値観や好みに合わなかったんだね」

「でも、あなたは手作りしてくれた」

「私は失敗を認める。あなたは私の期待に背いて髪を下ろしてる」

「あなたの期待とは?」


わたくしが綺麗にシワを伸ばしたシャツを脱いで、あなたは大きく手を広げて深呼吸してみせた。
ほぼ、一息で早口で答えを述べた。


「たくさんの髪飾りを取り外し、髪をひとつにまとめて新しい世界に行くために身軽になれるかなと期待したんだ。

しかしあなたは、帰属の道へ再び帰ろうとしてる。再び、誇りを手にして王座に返り咲こうとしている。

あの時期待してしまったんだ。あなたと共に新しい未知の世界に行けると。私は失敗を認める」


もっと、ゆっくり話せば良いのに。

感情が伝わる前に次の言葉で繋げてしまうから、事実しか受け止められなかった。あなたはどうやら、感情は受け止めてほしくないらしい。

随分と過保護だ。きっと自分の感情をあてがったら、わたくしを壊してしまうと思っているのだろう。


「もしも、わたくしが、ある一定の美しさにを手に入れて満足し、王座に返り咲こうと帰還したら?」

「止めは、しないよ。あなたの意思と対峙する体力も学もないからね」


(そういう人は、珍しくないんだ)

一瞬すぎてため息だと思った音は声だった。

わたくしが気付けたのは、言葉に込められた深い猛烈な悲しみを感じたせい。言葉よりも感情が胸を貫いた。鋭すぎる言霊の刃にわたくしはたじろう。

やはりあの人は過保護だ。

初めからもっとこのように深い悲しみをあてがってくれたら、付き合いが短くても、もう少し耐性がついていたはずなのに。


「本当は気づいていた。

あなたが私のシャツのシワを伸ばしてくれることを。それを褒めて欲しがっていることを。

私にこう言うつもりなんだろう?『美しいシャツを着るにふさわしい誇り高い人だ』とね」


身動きが取れない、目線を合わせたまま、次に動かす指先1つまで読まれてる。

どうしてわたくしの瞳を見ないのに、寸分たがわず、わたくしの得たい思い出の描写を言葉で表現できるの?

教えて欲しい、どうしてこんなことができるのか。知りたいのだ、瞳を見るだけで立ちすくみ震えるあなたのことを。


「今のわたくしは、あなたの多くを知ろうとすれば壊れてしまうかもれない」

「うん、壊れるね」

「しかし、1つだけでいい。たったひとつだけ、あなたのことを教えて欲しい」


この言葉はどうやら予想外を射抜いたようで、あなたはわたくしの眼を思わずじっと見つめた。

もちろん、すぐにまた、逸らしたけれど。今のわたくしには充分だった。あなたはわたくしの成長が止まることを悲しんでいる。


「1つだけなら。」

「言って欲しい」

「気を惹きたがって、遠回しに、私の眼差しを得ようと考えてるときの怖い顔。最高に可愛いんだ」

「怖くは、ないの?」

「怖いよ。でも、冷たく逃げ出したい怖さじゃない。とても、暖かでずっとそばに居たくなる怖さだよ。こんなことを考えているのは、私以外にもいる」


あなたは爆弾発言を残して、再びシャツを羽織って扉の前まで歩き出した。

そもそも、可愛いと言った人を放っておくとは何事か。


「今日はあなたの過去と今、そして未来への魅力を語り合う会に参加するから」

「初めて聞いた」

「内緒にしてたからね。
可愛いと言うとあなたはそんなはずないって怒るから、でも可愛いと話がしたいから。
あなたの可愛さに気づいたときに同じような魅力に気づいた人たちで集まりあっているんだよ」


魅力的で大事な会合、自分たちだけ楽しもうと言うの?

しかし、参加してしまったら、きっと彼らを怯えさせてしまうだろう。強い、この瞳に。

わたくしがずっと求ていた「己も知らぬ己の美しさ」に気づく人たちの出会い。ずっと知りたかった「あなたの価値観を知る」時間。

ひどく理不尽な話だ。世の中儘ならぬ。癪に触る。だからせめてもの腹いせに、負けず嫌いなわたくしから嫌味の1つ手土産にして送り出した。


「シャツのボタン、互い違いに止めているけど。初めて吐露したのが恐ろしかったの?」

「緊張、した…」


指先がカチコチと、まるで機械人形のようにうまく動かせぬほど、緊張したらしい。

嫌味を言ってた手前、わたくしは腹を据えて己が創り出した思い出の後処理をした。ひとつひとつ、シャツの間違ったボタンを外して、正しい位置にボタンをはめる。


「ボタンを直してなんて頼んでないよ」

嫌味が返せるくらい、わたくしの瞳に慣れ始めてる。


あなたは美しいものが大好きなくせに、恐ろしくなり、おののくくせに逃げ出さない。天邪鬼ではあなたの方が群を抜いて突き出る。

あなたは大切だと思う話ときには、わたくしの瞳を逸らさずに見つめ合っているのだから。

わたくしも、あなたが解き放つあなたの本音を受け入れることに慣れたらいいと祈り願いながら。


最後のボタンをはめて襟を直してあげると、行ってらっしゃいと送り出した。

ドア内から見た、ドアの外にいるあなたの後ろ姿は、とても小さくて気高く誇りを纏っていた。

posted by ユーリー at 01:10 | 誇り高く美しい瞳

2019年05月01日

愛して勝ち誇るために私達は目覚める。


牙の抜け落ちたわたくしは
岩を砕き走り抜けられるだろうか。

獣の目が小鳥の瞳になった途端に
蛇に食べられてしまうだろうか。

そもそも、
自分とは真逆の強くなることを諦め
己の弱さを受け入れることに長けた人々に
愛されるだろうか。

一体どこへ行けば、
何を願えば、
どれを手にしたらわたくしは、
私自身を心ゆくまで愛せるだろうか。


自分をかつてないほど愛してみたいのだ。

思い切り、
胸いっぱい吸い込む美しい空気のように。

勢いよく、
感情いっぱい織り交ぜて
吐き出す気持ちの良い溜息のように。

あなた方はわたくしを愛してくれる。
わたくしが愛せない所まで愛してくれる。

今もこうして生き抜いてきたのだ。

まだやれる、
まだいけると信じていたけれど。

夢うつつ、
苦い紅茶を飲んで倒れた
苦し紛れに呟けた言葉は1つだけ。


「自分をこころから愛するにはどうしたらいいの?」


迷い戸惑い不安をごまかすために、
誇り高く走り続けたと言ったのなら。

きっとあなたは。
ついに、わたくしを見捨てるだろう。

自分の弱さを
愛することを避け続けてきたわたくしに。


「不安なんだね。

なら、私たちの瞳を見てごらん。
まだ、輝いて見えるならあなたは大丈夫だ。

あなたも一緒に、弱さを愛してごらん。
私たちも一緒に、あなたと弱さを愛して行こう」


弱さを受け止めきれないのなら、
愛する人たちと受け止めればいい。

わたくしの人格は一度崩壊する。

古い想念と人格が消滅していく。
新しい概念と個性が構築されていく。


可愛げない捻くれた人格が浮き上がる、
こんな自分も愛して欲しいと叫び出す。

あなたになら
見せても良いかもしれないと
全身に疼き出す。


「あなたに嫌われたら私は去るだけ。

その時は弱さを愛する人が倍になって来るように
逃げ道をたくさん作っておいたよ」


あなたはいつも先回りする。

あなたには追いつけない。
だから隣に立つのが精一杯。


本当はあなたに勝ちたい。

勝ってあなたの手を引っ張って
新しい世界を見せてあげたい。

だからこそ、
弱さを受け入れることを受け入れた。


勝ちたい。

勝って心ゆくまで自分を愛して
もっと愛する人々を思い切り愛したい。


どうか内なる鼓動よ、心臓よ。
それまで壊れないで。

わたくしが勝つまで、
どうか、あなたとわたくしの心臓よ。

それまで壊れないで。


わたくし達は自分の弱さごと、
あの人の弱さごと一緒に抱えて
新しい朝を目覚める。


posted by ユーリー at 04:08 | 誇り高く美しい瞳

2019年04月30日

最期に月は笑って紅茶を飲み干した。


「あなた、近頃、わたくしのこと見ていないでしょう?」

何を仰いますか。

昨日だって素敵なワッペンのついたシャツを似合っていますと誉めたではありませんか。まだ、私から賞賛の目を向けられたという思い出の証が欲しいのか、私にはさっぱりわかりませんよ。

こんなこと言ったら、あの鋭く美しい瞳に殺されそうですね。最近手に入れた、鉄のカップを磨いたふりでもしていましょう。


「あなたは最近、先光を貫くような言葉を言ってくれないわよね?」

嘘おっしゃいな。

真っ直ぐな言葉ほどあなたは耳を閉じてしまうではありませんか。誰ですか、わざわざ聞き入れてくれない言葉に時間と心を割くような気迷い人は。あんな酷い配役は担いませんよ。

こんな考えもしも知れたら、いつしか夜の獣すら逃げ出した叫び声で威圧されてしまうでしょうから。黙々と次のカップも磨いてきましょう。


「どうすれば、あなたの磨いたカップでお茶を飲めるの?」

馬鹿を言うんじゃない。

あなたはもっと美しい銀食器で紅茶を飲み干していればいい。好き好んでススだらけの鉄のカップなんて口にしなくていい。飲んだところで、せいぜい鉄錆だらけのお茶を飲んでお腹を壊すだけ。

命懸けでこんなお茶を呑むあなたを、何が楽しくて見ていなきゃいけないのか。この思いが知られる前に、この場から退散を…


「このカップでお茶を飲めばあなたは振り向いてくれるのだろうか?」

「カップから手を離すんだ!!壊れたいのか!」

わたし用に入れた紅茶カップを、彼女の手から勢いよく取りあげた。

濾過の水に慣れた王族連中が、飲み慣れて良いものじゃ無い。いつもあなたには何倍もこして、何回も沸騰させて、安全な陶器のカップでテーブルに置いているのだ。

あなたを励ます言葉も、あなたを賞賛する声も、あなたの美しい瞳もすら、私は受け取ったそのまま表現も体現していない。

いまのあなたが壊れないのは、壊れない程度に浄化して、全てを差し出しているからだ。


「最もわたくしの欲するものが、このお茶にはある気がする」

「種明かしをしよう。まだ、あなたは獣となる自分を鏡ですら直視できてない」

「あなたの瞳に映る獣の自分なら、良いということ?」

「そうだ。私は強制浄化能力がある。あなたは私の瞳を通さないと、まだ獣の自分を受け入れることはできないんだよ」

「無意識に、己に宿る獣の血眼を避けていたということ、か」

「いいかい、よく聞いて。 見つめ合わずとも、語り合ずとも、私達は十分繋がっている」

「あなたと同じものが見たい、同じものを飲み干したい、同じ紅茶を注ぎたい」

「どうしたんだい、急に。私の瞳にあなたが映るだけで、あなたは美しくなれるのでしょう?」


いいえと首を振ると、彼女は震える手で濾過していない熱い紅茶を、自らの手のひらに掬って飲んで見せた。

大胆不敵、なのに鳥のように口をすぼめて飲む仕草は丁寧で繊細。

私は新しい美しさに思わず目を奪われて、その場で固まって彼女を制止することはできなかった。


彼女の震えはガクガクと大きくなり、その場に崩れた。だから言ったのに、言霊が喉元まで出かけた。

「だから言ったのにと、思ったの?」


その通りだ大バカ者と言いそうになったけど、ようやく前足が動いてくれて彼女の元に駆け寄れた。

「大バカ者だとあなたの瞳が言っていた」


どうしてわかるんだろうと聴きたくなったけど、近場から冷たい水を汲んで、少し火傷した手のひらに当ててあげた。

「なぜ、わかるのかと?それは、同じお茶の熱さを感じたからだ。あなたを解るのが、こんなに嬉しいのかと自分でも驚いている」


地面にうな垂れて這い蹲りそうな勢いの頭を謙虚に下げる王宮の誇り高いアイドル。

「すまなかった、あなたばかりにわたくしを知ってもらおうとして。わたくしからあなたを知ろうとしなかった。すまなかった、すまなかった」


私は随分過小評価していたようだ。

王族だって知らない世界を肌で感じたいはず。そして好奇心のために体だって張って行けるはず。

彼女の勇気と謙虚さに敬意を称して、私はついに言いたくなかった言葉で宣言した。


「一緒に濁ったお茶を飲み、あなたが倒れたのなら、私は最後そのときまで瞳から離さない。あなたが己の怖い姿を受け入れようとできたのなら、あなたが苦しむ姿も私の瞳に受け入れよう」

ようやく、彼女は謝罪をやめて、ありがとうと一言いい残すとその場に崩れた。


さぁて、命の危険はないものの、私の仕事は増えたわけで。

お茶の溢れた床をふき取ったり、お茶で濡れたドレスを着せ変えさせたり、重たくて愛おしい面白い彼女をソファまで運ばないと。

新月の月夜は笑っているだろうか、こんなおかしなお茶会を。

posted by ユーリー at 22:58 | 誇り高く美しい瞳

2019年04月28日

真に誰かを浄化する時、周りにいる取り巻き人から癒すのだ。

少しだけ昔の話、私は誇り高い人が大好きだったんだ。

よく王族には会いに行ったよ、気高く雄々しく、美しかったからね。


ある日、私に興味を示す王子がいた。

異質なカリスマ性を持ち、一度夢中にさせると骨の髄までメロメロになる誘惑の歌がうたえる不思議な王子だった。

しかし彼は孤独を嘆き、己の身体に流れる血を浄化したいと私に知恵を求めた。


実は彼のカリスマは、私にはあまり効かなかった。けど、あまりにしつこいので、私はしかたなく浄化を勤しんだんだ。

が、いくら浄化しても彼の血は癒えなかった。ついに私は骨の髄まで力を使い果たしてしまった。

彼から逃げ惑い、恐れを抱き、こうして誇り高い人に出会って追いかけられても、逃げ道を作りながら少しづつ前に進んでいるのはね、血の浄化が成功したからなんだよ。


どつやったかって?

簡単さ。

王子自身ではなく、
彼の歌に依存した取り巻きの人々を浄化した。


そもそも、あの王族たちはどうやってカリスマを得たと思う?ヴァンパイヤの血を分けて貰っていたんだよ。

どこから手に入れたかわからないけど、それは脈々と祖先から王子までつながって行った。

でもね、生まれた時から植え付けられたヴァンパイヤの血は、己を崇拝してくれる人が「君だけ話を愛してる」とつぶやかれる言霊で、他者の血を支配できるんだよ。

王子に宿ったヴァンパイヤの血を浄化させるには、王子が大好きでしかたがない崇拝者の期待の眼差しから切り離すことが第一条件だった。

私が作った逃げ道から王子を逃して二年後、ヴァンパイヤの血をほとんど浄化した王子は話した。「もう心配しないで、僕は大丈夫。カリスマがない僕でも助けてくれる人を見つけたよ」

まるで牙を抜かれた獣のように、可愛い子犬のようで、私はそんな彼の方を好きになった、幸せを願った。

後に残った崇拝者たちは、血から発せられるカリスマ性に飢えて、元の王子に戻してくれと。王子の魂に近しかった私に少しだけしつこくお願いされたけれどね。

私は崇拝者たちを浄化した。きっとあの依存も次の春が過ぎればほとんど溶けていくだろう。



「これが私の誇りが好きで、王族が大嫌いな話の顛末」

「そろそろ教えてくれても良いのではなくて?」

「きっと楽しい気分にはなれないよ」

「それはわたくしが決めること」

「誇りの美しさって、どうしても、
王族という立場が持つことが多いよね」

「そんなことがあっても、まだ誇りを見たかったの?」

「あなたを美しいと語る人々の目が、本当に綺麗だった。
あんな目をたくさん見たのははじめて」

「わたくしの周りの人の目に興味を持ったのね…」

「どうしても、どうしても、好奇心を抑えきれなくて、
瞳の半分、横顔だけでも見たくて、会いに行った」

「なぜそんなに美しさに憧れるの?」

「私は強制浄化能力を持っているけど、
自分にこの能力は使えないんだ。
美しいものを見ると、私の心は浄化され癒さていく」

「なら、もっとわたくしは美しくならないとね。
そのために、あなたと見つめ合うことが必要だ」

「ああ、それが課題だ。
私はまだあなたの瞳をまっすぐ見るのが怖いんだもの」

「こっちを真っ直ぐ見てなんて、もう怒らない。
わたくしの横顔から見慣れはじめましょう」


ありがとうと、私が一言言うと。

彼女は顔を背けて、
目線だけこちらに寄せた。

あなたの素直さが、
わたくしを美しくさせるのだと、
ひとつ涙を落として笑った。

posted by ユーリー at 20:01 | 誇り高く美しい瞳